親名義の車を売却したい

死亡された方の車を名義変更する時の手続き方法と注意点

更新日:

普通に車を売却するときと違い、名義人が死亡されている場合は名義変更手続きが複雑になります。

原則、故人の車は名義変更せずに乗り続けることはできず、そのまま乗り続けると最悪の場合ペナルティを課せられてしまうこともあります。

故人の車を名義変更する場合、売却方法や処理方法の違いによって手続きや必要となる書類も変わり、手順を間違えると面倒なことにもなりかねません。

そこで、この記事では、故人の車の名義変更にフォーカスを当ててパターン別に手続き方法や注意点を解説していきます。

 

メモ

名義が違う車の売却でも、車買取専門店にお願いすれば、手続きのプロが素早く対応してくれます。

名義変更などの手続きが面倒だと感じるなら、車買取専門店にご相談されるのが簡単で一番早いです。

中古車の高価買取なら一括比較

中古車を買取査定に出すなら、複数の業者から買取額の見積もりをもらいましょう。

1社のみに依頼するより数万円〜数十万円の違いが出ますので、少しでも高値で売るなら一括査定サービスで最高値の買取業社を見つけましょう。

次の2つのサービスが人気です

故人の車の名義変更手続きや必要書類をパターン別に解説

故人の車を名義変更する時は、主に3つのパターンに分類することができます。

譲り渡すのか、売却するのか、廃車にするのかの3つのパターンに分けることができ、相続が絡んでくるため、普通に名義変更手続きをする時よりも処理が複雑になってきます。

それぞれのパターンで手続き方法や必要となってくる書類は変わってくるので、パターン別にその違いや手続き方法を解説します。

必要書類の様式やなどについては、国土交通省のホームページからダウンロードすることもできます。

国土交通省のホームページ

そのまま乗り続ける場合

故人の車を譲り受けて、そのまま乗り続ける場合は相続の手続きが必要となってきます。

相続=遺産の扱いとなり、譲り受ける車は法律上、故人の遺産として認識されるため、相続する必要が出てきます。

相続する場合でも、相続人が何人いるかで手続きが変わってくるので、より詳しくパターン別に解説します。

1人で単独相続する時の手続き

子供がいないなど遺産の相続が1人だけになる場合は、相続人1人だけの書類だけで済むため、2人以上で相続する共同相続の時よりも手続きはシンプルです。

  • 車検証
  • 戸籍(除籍)謄本
  • 印鑑証明書
  • 委任状(依頼人以外が申請する場合)
  • 譲渡証明書(依頼人以外が申請する場合)

相続後に車の保管場所が変わる場合は、 別途車庫証明を申請する必要があります。

2人以上で共同相続する時の手続き

遺産の相続人が2人以上になると、相続する遺産を分割する必要があるため、あらたに遺産分割協議書という書類が必要となります。

車は相続人が複数人いても分割して相続することができないため、相続人が複数いる場合は、相続人同士で協議しなければなりません。

そして、代表者となった方が車を相続することになり、その協議に参加した人全員の署名・捺印が必要になります。

必要書類は下記の通りです。

  • 車検証
  • 戸籍(除籍)謄本
  • 遺産分割協議書
  • 印鑑証明書(相続人の代表者のもの)
  • 委任状(依頼人以外が申請する場合)
  • 譲渡証明書(依頼人以外が申請する場合)

遺産分割協議書には、相続の協議に参加した人全ての実印が必要になりますが、印鑑証明は代表者のみで大丈夫です。

代表者以外は、印鑑証明を別途用意する必要はありません。

第三者へ売却する場合

故人の車を第三者へ売却する場合は、相続手続きなしにそのまま名義変更ができると思いがちですが、相続手続きは同じく必要になってきます。

いったん相続する人に名義を移して、その後に第三者へ譲渡・名義変更するという流れとなります。

  • 車検証
  • 戸籍(除籍)謄本
  • 遺産分割協議書
  • 譲渡証明書(相続人のもの)
  • 委任状(依頼人以外が申請する場合)
  • 印鑑証明書(相続人と新所有者のもの)

先に解説した単独相続と共同相続と同じで、相続人が2人以上になると、相続人全員の実印と印鑑証明書が必要となってくるので、相続人は1人にしておくと、手続きがスムーズになります。

自分で手続きする際の手続きの注意点

自分で手続きする場合は委任状だけが不要となりますが、集める書類が多く、手続きも複雑になるのである程度の知識がある方でないと処理は難しくなります。

印鑑証明の必要枚数や実印の押印箇所を間違えると、無駄な時間がかかり、最悪の場合は印鑑証明の有効期限が切れてしまうということにもなりかねません。

買取業者に依頼する際の手続きの注意点

買取業者に依頼する場合は、基本的に全ての書類や印鑑の押印場所は業者の方で教えてくれるため、手続き自体は簡単になります。

ただ、その分手続きを代行する代行手数料が必要となるので、自分でするよりも費用は割高になってしまいますが、その分信頼して任せることができるので安心です。

特に身内や知り合いではなく、第三者が絡む場合は手続き処理がうまく進まないと後々トラブルになってしまうことも考えられるので、できる限り買取業者などプロに依頼する方が間違いありません。

廃車にする場合

車を廃車手続きする場合でも、手続き方法は2つの方法に分かれます。

長期間車を乗らないけれど、売ったり完全に廃車にして処分しない場合は一時抹消登録となり、自動車税の支払い等を一時的にストップさせることができます。

永久抹消登録は名前の通り、完全に車を廃車にして処分する時や二度とその車に乗らないような時にする手続きになります。

永久抹消登録をすると、車の登録自体が消えるため、もうその車を乗ることはできなくなります。

一時抹消登録をする際の手続き

故人の車の場合は、一時抹消登録でも一度相続人となる名義人に名義を移してから、一時抹消登録となるため、抹消手続きの前に相続手続きが必要になります。

  • 車検証
  • 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  • 遺産分割協議書
  • 委任状(依頼人以外が申請する場合)
  • 印鑑証明書(代表相続人のもの)
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申請書
  • ナンバープレート(前後2枚)

一時的でも車の利用を停止する手続きになるため、ナンバープレートや自動車税関係の書類もあらたに必要となります。

永久抹消登録をする際の手続き

永久抹消登録は、事故等で完全に使えなくなってしまった車や解体処理をする時に必要となり、解体報告から15日以内に陸運支局で手続きをしなければなりません

  • 車検証
  • 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  • 委任状(依頼人以外が申請する場合)
  • 印鑑証明書(相続人のもの)
  • 永久抹消登録申請書
  • 解体報告日がわかる書類
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • ナンバープレート(前後2枚)

永久抹消登録では、車検の有効期間が1ヶ月以上残っている場合に限り、自動車税の還付を受けることができます

本人が申請する場合は振込口座と印鑑のみで大丈夫ですが、代理人が行く際は別途委任状を用意しましょう。

車の所有者が死亡した場合は相続手続きが必要

車の所有者が亡くなっている場合は、通常の名義変更手続きの前に必ず一度誰かの名義に移してから出ないと手続きができません。

亡くなった方の車を遺産として、その遺産を相続するという形になります。

相続には誰が相続に関わるかを記載した遺産分割協議書が必要となり、相続人が多ければ多いほど必要となる書類も増えてきます。

ただし、車の査定価格が100万円以下である場合は、遺産分割協議書は不要となるため、相続人全員の実名捺印がいらず手続きも簡単になります。

1人で単独相続する場合

親が亡くなった時に親の車を子供が引き継いで乗るというパターンになりますが、この場合、相続する子供が1人だけだと単独相続となり、相続手続きは一番シンプルです。

遺産分割協議書に記載する相続人は1人だけで済むので、記入や押印、印鑑証明なども1部でよくなります。

兄弟がいる時でも相続する名義人を1人だけにする場合は、共同相続にはならないので、単独相続の処理になります。

2人以上で共同で相続する場合

相続する名義人が兄、姉、あなたのように2人以上の複数名義でその車を相続する場合は、共同相続となるため、相続人が多ければ多いほど必要となる書類も増えて手続きが複雑になります。

遺産分割協議書は単独相続でも同じく必要になりますが、共同相続の場合は相続人全ての記入捺印、全員分の印鑑証明の提出が求められます

共同相続の場合は、相続人が近くに住んでいるなら書類集めも時間はかかりませんが、遠くに住んでいる人がいる時は想像以上に書類を集めるのに時間がかかるので早めに動くことが大切です。

任意保険の手続きも忘れない

相続手続きばかりに気を取られていて、よく忘れてしまうのが任意保険の手続きです。

任意保険は名義変更や相続手続きを管轄する陸運支局ではなく、それぞれの自動車保険会社になるため、陸運支局では教えてもらうことができません。

保険期間を1年間にしている場合は、1年で保険会社から通知がくるので気づけますが、任意保険も自動車税と同じく保険期間内に停止するとその間の保険料を還付で受け取ることができます

不要な出費となってしまうので、名義変更の時は合わせて確認するようにしてください。

【注意点】故人の車を名義変更せずに乗るとどうなる?

故人の車を名義変更せずに乗ることはできますが、いろいろと面倒なことが出てくるのでおすすめはできません。

車は乗っているだけではなく、維持しているだけで自動車税など税金関係の支払いが必要となってきます。

  • 事故をした場合
  • 自動車税の請求がきた場合
  • 車検日が近づいてきた場合

事故をすると、任意保険の手続きが必要になりますが、ここで車検証の名義人へ確認が行く時にトラブルになってしまいかねません。

保険と車の名義が亡くなっているとなると、保険会社からも指摘が入り、最悪の場合ペナルティを課せられてしまうこともあります。

自動車税や車検日が近づいてきた時も同じく、明細を発送する時に名義人の戸籍がないということになるため、面倒なことになってしまいます。

保険や税金関係のことは、国が絡んでくる内容なので不要な指摘をされる前に手を打っておくことをおすすめします。

まとめ

故人の車を名義変更する時は、相続手続きがセットになってくるため、通常の名義変更手続きよりも時間と手間がかかります。

名義変更せずに乗り続けていると、万が一何かあった時に言い訳もできず、場合によってはペナルティを課せられてしまうこともあります。

相続手続きは面倒ですが、相続手続きをせずに乗っていると発覚した際にさらに面倒なことに巻き込まれてしまう可能性があるので、手順を理解して早めに手続きをすませるようにしてください。

 

中古車の高価買取なら一括比較

中古車を買取査定に出すなら、複数の業者から買取額の見積もりをもらいましょう。

1社のみに依頼するより数万円〜数十万円の違いが出ますので、少しでも高値で売るなら一括査定サービスで最高値の買取業社を見つけましょう。

一括査定サービスは2つが人気です

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-親名義の車を売却したい

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.