親名義の車を売却したい

他人名義の車を名義変更せずに売ることはできる?売却後のトラブルを避ける手続き方法

投稿日:

自分名義ではない車を売る場合、名義変更手続きは必ず行わなければいけないのでしょうか?

その答えは、「はい」です。

実は、他人名義の車を名義変更せずに売却する手法はあるものの、もし、名義変更せずに売却すると、売却後にトラブルに発展します。

そのため、名義変更をせずに車を売りたいと思っても現実それは難しい話です。

そこで、この記事では、車の名義変更の基本的な仕組みから名義変更のやり方や重要性までを解説していきます。

車の名義の分類について|車検証の所有者と使用者の違い

車の名義変更について詳しく知る前にまず覚えておきたいことが、名義の分類についてです。

車の名義には所有者と使用者に分けられ、車検証に記載されていて、その2つでは意味合いが大きく変わってきます。

所有者とは、車を乗っている人ではなく車を管理する責任のある人のことを指し、運行責任や税金などの支払いをする必要のある名義のことです。

車の名義変更で名前を変えるときは、所有者名の変更のことを言います。

使用者とは、主にその車を乗っている・使っている人のことを指し、親名義の車を子供が乗っている場合など名義が違う車によくあるパターンです。

名義が違う車によくある3つのパターン

車の名義が違う場合は主に3つのパターンに分類ができます。

所有者と使用者で名義が異なる場合は、名義変更時に必要となる書類も変わってきますので、変更手続きの前に車検証の所有者名義がどうなっているかを確認しておく必要があります。

親の名義の車に乗っている

親の車を譲り受けたり、借りて子供が車を乗っている場合は、所有者は親名義になり、使用者は子供名義となります。

借りて乗り続けている場合は、所有者も使用者も親の名義になっていることもありますが、長期間に渡る場合は自動車保険や車検の手続きが面倒になるので、使用者は子供に変えておく方が良いでしょう。

ディーラー・ローン会社の名義になっている

車を買った時にオートローンやクレジットで契約した場合は、自動的に車検証の所有者は購入した自動車ディーラーやオリコやジャックスなどのローン会社の名義となります。

支払いが滞ったり、できなくなった場合に車を引き上げたり法的な手続きをする時にスムーズにできるよう所有者の名義は、ディーラーなどの名義に留保されます。

車の使用者は契約人の名義になり、ローンの支払いを完済したときに初めて車の所有権を自分に変えることができるようになります。

原則、ローンの支払いが残っている場合は所有者は自分の名義にすることはできません。

亡くなった人の車に乗っている

亡くなった人の車に乗っている場合も、親名義の車と同じく所有者名義は変わります。

故人の車をそのまま乗り続けるためには、遺産として相続の手続きをするか売却するかどちらかになります

普通に乗っている車でも故人の車になると、法的には『遺産』として扱われるため名義変更の手続きには時間がかかるため、手続きを検討される方は早めに動くようにしましょう。

名義が違う車を売却する時の名義変更の手続き

名義変更は必要な書類さえ用意すれば、自分ですることもできます。

名義変更をする際は、警察署と陸運支局の2つの機関へ申請をする必要があり、警察署→陸運支局の順番で手続きをします。

警察署では車の保管場所を申請する車庫証明、陸運支局では車の名義を登録する手続きを行い、全ての手続きが終われば名義変更に関する処理は終わりとなります。

車の名義変更をする時の基本的な流れを手続きの時系列順にまとめると、下記の通りになります。

  1. 車庫証明を申請する
  2. 警察署で届出する
  3. 名義変更に必要となる書類を揃える
  4. 陸運支局へ行って名義変更手続き

まずはじめに車を保管する場所を警察署に届ける必要があるため、車庫証明の申請をします。

車庫証明は基本的に必要ですが、軽自動車に限って人口10万人以下の地域であれば車庫証明の提出は必要ありません。

車庫証明の申請が終われば次は、名義変更に必要な書類を揃えてお住いの陸運支局へ登録手続きへ行けば名義変更の手続きは終了です。

名義変更時に必要になる書類

車の名義変更に必要となる書類は、車種によって少し変わりますが共通して必要となる書類は下記の通りです。

名義変更に必要な書類

  • 車検証
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書

車検証は名義変更する車のもので、譲渡証明書はその車を他の方に譲って名義を変えることを認めるという内容が書かれた書類です。

委任状は代理で手続きに行くことを他人に任せる時に必要な書類で、新しい所有者と一緒に手続きに行くことはないため、必ず必要となってきます。

  • 新しい所有者が手続きに行く →  旧所有者の委任状
  • 業者など第三者が手続きに行く →  新・旧所有者の委任状

譲渡証明書と委任状に実印が必要となるため、実印を押印する分だけ印鑑証明が必要になります。

前の所有者の方が車検証の住所と違うところに住んでいる場合は、別途その住所を証明する住民票か住民票の記載事項証明書の提出が必要です。

親の名義になっている場合の手続き

親の名義の車を子供がそのまま借りて乗っている場合は、名義変更もそれほど手続きは複雑にはなりません。

手続き方法と必要書類

  1. 車検証
  2. 委任状
  3. 譲渡証明書
  4. 印鑑証明書×2通

名義人である親が近くに住んでいる場合は、書類の受け渡しや押印などもすぐにできますが、一人暮らしなどで遠くに住んでいる場合は書類を揃えるのに時間がかかることを覚えておきましょう。

ディーラー・ローン会社の名義になっている場合の手続き

ローン契約をしていたら車の所有権は、ディーラーやローン会社になるので、完済後に所有権を自分の名義に変更する必要があります

所有権解除という手続きが必要になるため、この場合はローン会社へ連絡をしなければなりません。

手続き方法と必要書類

  1. 車検証
  2. 委任状(所有者のもの)
  3. 譲渡証明書(所有者のもの)
  4. 印鑑証明書×2通(旧所有者・新所有者のもの)
  5. ローン完済の証明書

まず、ローンが完済したことを証明する書類が送られてくるのを待って、その後所有者名義の委任状・譲渡証明書・印鑑証明書を受け取り、そこでやっと陸運支局へ手続きに行くことができます。

所有者がディーラー名になっている場合は、ディーラーへ連絡をして所有権解除の手続きが必要となります。

亡くなった人の名義になっている場合の手続き

車の名義が亡くなった人になっている場合は、遺産相続→名義変更の手順で手続きを進めます。

親族や身内の人間に一度車の所有者を移し、そのあと車の名義を変更することになり、遺産相続の手続きは時間がかかります

手続き方法と必要書類

  1. 車検証
  2. 委任状(所有者のもの)
  3. 譲渡証明書(所有者のもの)
  4. 印鑑証明書×2通(旧所有者・新所有者のもの)
  5. 遺産分割協議書
  6. 戸籍(除籍)謄本

遺産としての価値など細かな条件によって変わってくるため、詳しい手続き方法や流れについては管轄陸運支局に問い合わせてから手続きすることをおすすめします。

名義の違う車の売却でよくあるトラブル事例

名義の違う車を売却するときにはトラブルが発生しやすく、事前にその対処方法を知っておくと慌てることも少なくなります。

車の売却後の名義変更は、それほどゆっくりとすることもできず、相手によっては手続きを急かされることもあります。

名義の違う車の売却でよく報告されるトラブル事例を紹介します。

名義変更ができておらず売却した車の支払い通知が届く

車を所有している=オーナーということになり、その車で何かあったときの手続き関係は必ず所有者の印鑑や書類が必要となってきます。

また、自動車税の納税義務も所有者にあり、実際に車に乗っている使用者が家族など別の人であっても請求は所有者のもとへ届きます。

自動車税の納税義務が使用者ではなく所有者にあるため、名義変更をしていないと税金関係の支払いや督促はすべて前の所有者のもとへ届いてしまいます。

あなたが車を売却したのに、持っていない車の自動車税の請求がくるということになります。

名義変更をしていないと、車は売ったのに法的な請求や手続き関係の連絡だけがきてしまうことになります。

家族内で車を譲った場合であれば、それほど大きな問題やトラブルになることはありませんが、全く知らない人に車を売った場合は元所有者であったあなたへ請求がきたり問題が山積みとなってしまいます。

ローンの残債があり名義変更ができない

車をローンやクレジットで購入している場合にあるのがこのパターンで、名義変更をしようとしても所有者がディーラーもしくはローン会社になっているとそのままでは名義変更ができません。

売却の契約をした後になると、名義変更の手続きは迅速に行う必要がありますが、所有権がディーラー等になっている(所有権留保)と、まずは所有権を自分の名義に変える必要があります。

ローンの支払いを完済していれば処理は速いですが、万が一ローンが残っている場合は完済→所有権解除→名義変更になるため、そのままの状態では名義変更はできません。

売却が決まってから気づくと、手続きがすぐにできず売却先とトラブルになることがあるので、ローンの支払いは売却前に確認しておくようにしましょう。

売却相手が名義変更に応じてくれない

稀にあるのがこのパターンで、売却後に名義変更をして欲しいのに相手がすぐにしてくれないこともあります。

特に多いのが個人売買で、ヤフオクなどで直接取引をする場合です。

すぐに連絡がつかなかったり、長期外出で自宅にいない場合は郵送で書類のやり取りをしても連絡がつかないのでどうすることもできません。

自宅の連絡先を聞くことはもちろんですが、いつでも連絡が取れる携帯電話の番号も合わせて聞いておくことでこの手のトラブルは防ぐことができるので、売却前に確認しておきましょう。

名義変更のトラブルを避ける方法

名義変更時に起こりやすいトラブルを避けるために注意しておきたいポイントを紹介します。

名義変更は書類を揃えるところから、手続きが完了するまでスムーズにいっても1週間以上はかかります。

書類不備などの問題があると、そこからさらに時間がかかってしまいトラブルになりかねません。

ヤフオクなど個人売買はしない

ヤフオクなどの普及で最近では車を個人間で売買する個人売買も増えてきています。

個人売買は、業者が仲介せずに取引ができることから手数料やマージンがなく、売却側は高く売ることができ、購入者側は安く買うことができます。

ただ、その反面名義変更や全ての手続きを自分でする必要があります

特に名義変更はお金にも関係してくる手続きですし、書類を用意するのも相手からもらったりするのも普通よりかなり時間がかかります。

個人売買で車を売る場合はとにかくトラブルが多いので、名義変更などの行政関係の手続きは知識のある人か車屋などプロに依頼するようにしましょう。

車の状態と契約後の流れを決める

特に名義が自分でない車を売る場合は、今乗っている車の状態や支払い関係のことは契約前に把握しておく必要があります。

  1. ローンの支払いはあるか
  2. 名義変更はいつまでにするか
  3. 緊急時の連絡先を聞く

少なくともこれらのことは売却すると決めた時にある程度でもいいので決めておくようにします。

特にローンの支払い状況については、ローンで買った場合は必ず事前に確認しておくようにしてください。

いざ名義変更をしようとして、残債が残っていたら1ヶ月近くは余計な手続きで時間がかかってしまい、トラブルの原因となります。

買取業者やプロに依頼する

車の売却はあなた一人だけの問題ではなく、次にあなたが乗っていた車を買う方にも関係がある大切な手続きです。

自分でできる手続きではありますが、名義変更は書類や手続き内容等、ある程度の知識と経験がないと何かとつまづくことが多いため、できる限り買取業者などプロに依頼する方がおすすめです。

必要書類を揃えることは難しくありませんが、記入する場所や押印箇所などを間違えてしまうと最悪の場合、一からやり直しすることもあります。

新しい所有者が身近な知り合いであればそれほどの問題はありませんが、通常車を売却後はあかの他人が乗ることになります。

次の所有者とのやり取りが大変なだけでなく、書類不備等による連絡はできる限り避けたいものです。

信頼を落とすだけでなく、トラブルになってしまう可能性もあります。

そういった意味でも、名義変更に関する手続きは買取業者などプロに依頼しましょう。

まとめ

車は名義変更せずには売ることはできません。

厳密に言えば名義変更なしでも売却することはできますが、法律の問題や税金などの問題からあとあとトラブルになってしまうことが多いため、結果として必要な手続きになります。

車の売却関係でよくあるトラブルのほとんどは名義変更と言っても過言ではありません。

プロに依頼すると、その分手数料は必要になりますが、時間と安心をお金で買えると考えれば結果としてお得です。

無駄なトラブルに遭わないためにも、名義変更は買取業者で任せることがおすすめです。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-親名義の車を売却したい

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.