ヒゲを脱毛したい

抑毛成分があるイソフラボンは本当に効果ある?調べてわかった効き目とムダ毛対策活用法

投稿日:

食事で行うむだ毛ケア。抑毛成分イソフラボンを摂取してむだ毛を薄くする方法
イソフラボンっていう成分で抑毛できるって聞いたんだけど、本当にむだ毛を薄くすることができるの?
読者
管理人
はい、イソフラボンに抑毛効果が期待できるのは本当です。

大豆に多く含まれる大豆イソフラボンという成分には、むだ毛が濃くなることを防ぐ抑毛効果があります。

最近では「抑毛レシピ」といった大豆を使った料理が話題になるなど、むだ毛ケアのために大豆を意識的に食べるようにしている方が増えました。

しかし、イソフラボンの効果を実感できている方は、それほど多くありません。

それは、大豆イソフラボンの効果と、正しい摂取方法を理解できていない方がほとんどだからです。

1日どれだけの量を摂取すればいいのか?

ただ大豆を食べればいいのか?

こういったことを理解しないまま、ただただ大豆を食べても抑毛するのは難しいでしょう。

そこで、この記事では、青髭に強いコンプレックスを抱えていた私が、抑毛対策として調べた「イソフラボンの抑毛効果の仕組みや使い方」について解説しています。

管理人
私と同じように、濃い青髭に悩み、イソフラボンで抑毛したいと考えている方のためにわかりやすく書きましたので、最後まで見てくださいね!

大豆イソフラボンにはどんな効果があるの?

イソフラボンはエストロゲンと同じ効果を持つ

イソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」と非常によく似た化学構成をしているだけでなく、エストロゲン受容体と結合して効果を発現することができるので、エストロゲンと同じ効果を持っていると言えます。

管理人
かみ砕いて説明すると、エストロゲンとイソフラボンは別物だけどあまりにも作りが似ているから、どっちも同じ効果を得られちゃうよ。ということです。

イソフラボンを摂取することでエストロゲンの効果を得られるので、「抑毛効果」や「美肌効果」といったエストロゲンの代表的な効果もイソフラボンで得られます。

では、この2つの効果について、もう少し詳しく解説していきます。

大豆イソフラボンに抑毛効果があるのは女性ホルモンと同じ働きがあるから

大豆イソフラボンには女性ホルモンの「エストロゲン」と同じ効果があり、その働きによって、体毛を濃くする作用がある「ジヒドロテストステロン」が抑制され、むだ毛が濃くなることを防いでくれるのです。

男性の体毛が濃くなるのは、男性ホルモンの1つである「ジヒドロテストステロン」の働きで、体毛が濃くなります。

それに対して、女性ホルモンのエストロゲンには、ジヒドロテストステロンを抑制する効果があるので、体毛が濃くなるのを防ぐことができます。

そのため、男性ホルモンの分泌量が多い男性は体毛が濃くなりやすく、女性ホルモンの分泌量が多い女性は体毛が濃くなりにくいという差が生まれます。

管理人
女性ホルモンの分泌が少ない男性は、大豆イソフラボンを摂取することによって、体毛を濃くさせる事が可能となるようです。

大豆イソフラボンには美肌効果もあった

エストロゲンには、抑毛作用だけではなく、肌のコラーゲン量や水分量を増やし、若々しい肌を保つ効果もあります。

何度も説明しているように、イソフラボンとエストロゲンは同じ効果をもっているので、大豆イソフラボンを摂取しても同様の効果を得ることができます。

また、イソフラボンを多く含む大豆は、畑のお肉とも呼ばれるくらいたんぱく質が豊富です。

肌はたんぱく質からできているわけですから、健康な肌を保つためのたんぱく質の摂取が必要不可欠です。

きれいな肌を作るためのたんぱく源としても、大豆は非常に優れています。

管理人
大豆を食べれば、イソフラボンの効果で肌にうるおいやハリを与えるだけでなく、肌を新しく作るためのたんぱく質も確保できるので美肌効果が非常に高いです。

【注意】イソフラボンは過剰摂取すると副作用のリスクがあります

イソフラボン過剰摂取には副作用が!?安全な摂取量を守りましょう

じゃあイソフラボンをたくさん摂ればむだ毛を薄くできるんだね!
読者
管理人
ちょっと待って!イソフラボンを過剰摂取すると副作用のリスクがあるので摂りすぎには注意が必要です。

イタリアで行われた研究では、閉経後の女性に対して150mg/1日の量で5年間イソフラボンを摂取させると、子宮内膜増殖症の発症率が増加するという結果が得られました。

また、体内では女性ホルモンと同じように働くわけですから、過剰摂取してしまうとホルモンバランスが崩れることも明らかです。

実際に、日本ではイソフラボンの過剰摂取が原因で子宮内膜増殖症の発症率が増加した例から、特定保健用食品の大豆イソフラボン含有量に上限値を設けるなど制限されています。

イソフラボンは薬に使われるほど強力な成分ではないので、過剰摂取してもすぐに副作用が出るわけではありませんが、摂取した分だけ状態がよくなるようなものでもないので摂りすぎは厳禁です。

管理人
日本で設定されている安全なイソフラボンの1日上限摂取量は75mgです。イソフラボンを摂取する際はこれを超えないように気を付けましょう。

イソフラボン摂取量を増やすには、大豆製品を食べるだけでは効率が悪い

大豆製品に含まれるイソフラボン量は少ない。食事以外の方法で効率よく摂取しよう

イソフラボンは大豆に含まれてるから、摂取量を増やすには大豆製品を食べればいいのかな?
読者
管理人
実は、大豆製品に含まれるイソフラボン量はそれほど多くないので、食事だけで摂取するのは効率が悪いです。詳しくは下の表にまとめているので、そちらを見てみましょう!
食品 量(1食分) イソフラボン含有量(mg)
味噌 1/2カップ 57
ゆでた大豆 1/2カップ 56
大豆(乾燥焼き) 1オンス 41.6
豆乳 1カップ 6.2
豆腐ヨーグルト 1/2カップ 21.3
豆腐 3オンス 19.2
大豆ソーセージ 1つ 11

引用:大豆イソフラボン | Linus Pauling Institute | Oregon State University

もし大豆製品を食べるだけでイソフラボンを上限値まで摂取しようと思えば、味噌なら2/3カップ、豆乳なら11カップ、大豆なら60gほど毎日食べないといけません。

いくらむだ毛を薄くしたいからと言って、毎日これだけの大豆製品を食べ続けるのって大変じゃありませんか?

できれば、もっと楽にイソフラボンを摂取したいですよね。

水と一緒に飲むだけのイソフラボンサプリなら、毎日大豆製品を食べ続けなくても十分な量のイソフラボンを摂取することができます。

また、大豆イソフラボンなどの抑毛成分をたっぷり含んだ抑毛ローションを直接毛を薄くしたい部分に塗る方法もあります。

管理人
イソフラボンで抑毛するなら、食事よりもサプリメントや抑毛ローションで対策しましょう。

【比較】毛を薄くするにはサプリと抑毛ローションどっちがおすすめ?

  サプリメント 抑毛ローション
効果 イソフラボンの補給 むだ毛の抑毛
肌の保湿
価格 1,000~3,000円 2,000~5,000円
使用方法 水と一緒に飲む むだ毛が気になる部分に塗る

食事以外でイソフラボンを摂取できる方法は、「サプリメント」と「抑毛ローション」の2つです。

サプリメントは普段の食事では十分に摂取できないイソフラボンを補うことができます。

一方、抑毛ローションの効果はイソフラボンなどの抑毛成分を直接毛を薄くしたい場所に浸透させることができます。

なんとなく抑毛ローションの方が効果がありそうな気がするかもしれませんが、どちらも一長一短で必ずしもそうとは言えません。

管理人
では、サプリメントと抑毛ローションのどちらを使えばいいのか、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて解説していきます。

抑毛ローションのメリット・デメリット

抑毛ローションって何?メリット・デメリットと共に解説!

抑毛ローションはその名の通り、むだ毛を薄くしたり成長を遅らせる効果があるローションです。

大豆イソフラボンなどの抑毛成分を毛を薄くしたい場所に直接塗ることで、体の外側からむだ毛にアプローチをかけることができます。

抑毛ローションのメリット

抑毛ローションの最大のメリットは副作用がほとんどないことです。

イソフラボンは1日の摂取量に上限がありますが、抑毛ローションは経口摂取するわけではないのでたっぷり使っても問題ありません。

配合成分にも副作用のリスクがあるものはないので、安全性は非常に高いです。

また、抑毛ローションは気になる部分にピンポイントで使うことができます。

管理人
「ひげを薄くしたい」「すね毛を薄くしたい」のように特定の部位のむだ毛が対策したい場合に抑毛ローションは活躍します。

抑毛ローションのデメリット

抑毛ローションの最大のデメリットは、効果が出るまで1~3ヶ月時間がかかることです。

抑毛ローションの効果は今ある毛を細くするのではなく、新しく生えてくる毛の成長を抑えるものなので速効性がありません。

また、サプリメントと比べるとイソフラボンの配合量が少ないので、効果が表れにくいというデメリットもあります。

管理人
すぐには効果が表れないので、じっくり使い続ける必要があります。

サプリメントのメリット・デメリット

イソフラボンサプリメントって何・メリット・デメリットと共に解説

サプリメントなら普段の食事では摂取量が少ないイソフラボンを簡単に補給することができます。

エストロゲンと同じ効果を持つイソフラボンを摂取することで、抑毛以外にホルモンバランスを整えるなどの効果があります。

サプリメントのメリット

サプリメントの最大のメリットは、たくさんのイソフラボンを手軽に摂取できることです。

サプリメントを使えば一切大豆製品を口にしない方でも簡単にイソフラボンを摂取することができます。

また、イソフラボンサプリは価格が安いものも多いので、毎日大豆製品を食べるより安くイソフラボンを摂取することができます。

管理人
イソフラボンの摂取量を増やすなら、サプリメントに頼るのが1番簡単です。

サプリメントのデメリット

サプリメントは体の内側から改善していくため、抑毛ローションのように特定の部位だけ毛を薄くすることはできません。

また、サプリメントはイソフラボンを簡単に摂取できる分、1日の摂取量に気を付けないと副作用の危険があります。

過剰摂取による副作用は、ホルモンバランスの乱れや子宮内膜増殖症のリスク増加などです。

管理人
1日のイソフラボン摂取量の上限値は75mgです。食事でもイソフラボンを摂取できることを考慮して、サプリメントで摂取する量は1日30mg程度に抑えましょう。

毛を薄くするのに最も効果的な大豆イソフラボン活用方法とは

イソフラボンの最も効果的な使用方法はこれだ

大豆イソフラボンを使って抑毛したい場合、サプリメントと抑毛ローションを併用するのが最も効果的な方法です。

先ほどもお話しした通り、サプリメントはイソフラボン摂取量が多い代わりに特定の部位だけを狙って使えませんが、抑毛ローションならイソフラボン量が少ない代わりにピンポイントで使うことができます。

お互いがお互いの欠点を補うことができるので、一緒に使うことでより短時間で抑毛効果を期待することができます。

特に、抑毛したい場所が明確に決まっているのであれば、抑毛ローションを併用するメリットは非常に大きいです。

管理人
イソフラボンでの抑毛の基本はサプリメント。特にむだ毛が気になる部位があれば抑毛ローションも使用しましょう!

ひげ対策ならひげに特化した抑毛フェイスマスクがおすすめ!

ビダンザキッドを着用

管理人
ひげを薄くしたいのであれば、フェイスマスクタイプの抑毛ローション「ビダンザキッド」がおすすめで、私も愛用しています。

「ビダンザキッド」は、ひげの抑毛に特化したフェイスマスク型の抑毛ローションです。

ひげの生える部位全てを覆える形状をしているので、鼻下のひげから喉のひげまであらゆるひげ対策に使用できます。

また、フェイスマスクタイプなら時間をかけてじっくりと抑毛成分を肌に馴染ませることができるので、普通のローションタイプのものより抑毛成分の浸透率が高まります。

抑毛成分だけでなく保湿成分もたっぷり含まれているので、使用後は肌がしっとりすべすべになります。

管理人
ひげに対しては他のどの抑毛ローションよりも高いパフォーマンスを発揮できるので、とにかくひげを薄くしたいという方はビダンザキッドを使ってみてください。
ビダンザキッドを着用
【口コミ】VIDAN THE KID(ビダンザキッド)の脱毛効果を20歳の私が試した結果

毎朝剃っても昼頃にはチクチクしてくるひげって、どうやって対策したらいいのか悩みますよね。 私はひげ自体はそこまで濃くありませんが、肌が色白なのでひげが伸びるとすぐ青ひげになってしまい悩んでいました。 ...

続きを見る

まとめ

イソフラボンにはむだ毛が濃くなるのを防ぐ効果がありますが、大豆に含まれる量は多くないので食事だけで十分な量を摂取するのは難しいです。

そこで、イソフラボンを効率よく摂取するためには、サプリメントを使って摂取量を補うことが必要になります。

イソフラボンサプリは1,000円ほどから購入することができるので、毎日意識的に大豆を食べるより安く、簡単にイソフラボンを摂取できます。

また、食事やサプリメントなどで体の内側からむだ毛を薄くする方法以外にも、抑毛ローションを使って体の外側からむだ毛を薄くする方法もあります。

抑毛ローションを使うと、狙った部位に直接抑毛成分を浸透させることができるので、サプリメントだけで対策するより短期間での抑毛効果が期待できます。

できるだけ早く抑毛したいという方は、イソフラボンサプリメントと抑毛ローションを併用して使ってみましょう!

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-ヒゲを脱毛したい

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.