41歳から転職したい

41歳から転職できる可能性と給料アップに繋がる転職方法を本気で調べてみた

更新日:

今の会社は給料が低くて休みにくいしから、思い切って転職したいけど、もう41歳だし、この年齢でも理想の会社に転職できるのかな?

そんな転職願望を持っていた41歳の私ですが、転職事情を調べてみると、意外にも40歳以降で、理想の会社に転職している方が多いことがわかりました。

確かに、年齢がハードルとなり、転職に対して二の足を踏んでいる方も多いです。私もそうでした。

 

でも、年齢を理由に転職を諦めるのは早く、41歳の自分の魅力を伝えつつ、転職活動のコツを実践していけば、満足度が高い転職ができることがわかったのです。

 

そこで、この記事では私が実際に調べて感じた40代の転職事情について、どこよりも詳しく解説していきます。

 

「今より良い会社で働きたい!」と本気で考えているあなた。

 

人生は1回しかありませんから思い切って転職に向けて動き出してみるというのも1つの手です。もしあなたが、

「41歳で転職するなんて絶対に無理!」なんて考えているなら、、、

それはあなたの予想であり、現実は違っていましたよ。

 

少し長い記事になりますが、詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

転職しようか悩んでいる方へ

転職を検討中の方は、まずは転職エージェントに無料会員登録するのが先です

転職サポートが無料で受けられるだけではなく、40代からの転職でも親身になって相談に乗ってくれます。

企業の求人情報の裏側など有利な情報も得られるので、理想の職場に転職したいなら必ず利用しましょう。

転職エージェントの利用が初めての方は、業界最大手のリクルートエージェントが安心です。


リクルートエージェント

→リクルートエージェントの公式サイトはこちら

41歳から転職したい!でも現実は?

「41歳から始める転職は厳しい!」

これは誰しもが想像することであり、20代、30代と比べるとそれは事実です。

20代であれば未経験でもやる気さえあれば採用してもらえますが、30代となるとスキルを求められます。更に40代となると・・・厳しいのは言わなくてもわかりますよね。

だからこそ41歳での転職活動は他者の力をうまく活用する必要があります。その方法を解説します。

41歳以上の男性が転職している実態は?

次の資料は、「日本人材紹介事業協会」が発表している転職紹介実績の集計結果です。

41歳以上でもこんなに転職しているという統計があるんです。

年齢 転職者数 前年同期比
31歳~35歳 6,846人 108.6%
36歳~40歳 3,468人 112.1%
41歳以上 3,298人 106.1%

 

上記の表は2017年上期(4~9月)の数値です。2010年度~2017年上期までずっと転職者数が右肩上がりなんです!41歳以上で3,298人も転職者がいるというのも意外ですね。

次に有効求人倍率を確認してみましょう!

上記数値で分かるのは25~34歳の有効求人倍率は横ばいなのに対して35~44歳、45歳~55歳で数値が伸びているということです。

35~44歳では1倍を超えていますので、求職者1人に対して1つ以上の求人があるということになります。職業を選ばなければ仕事があるということですね。

伸び率に注目してみると45~54歳は25~34歳、35歳~44歳と比較して伸びているのが分かります。伸び率に注目して下記の表(2017年数値)で比較してみました。

2017年10月~12月の年齢別有効求人倍率  ※()内は前年同月比

  10月 11月 12月
25~34歳 0.90(96.8%) 0.93(100.0%) 0.98(101.0%)
35~44歳 1.16(100.0%) 1.19(98.3%) 1.23(101.7%)
45~54歳 0.80(127.0%) 0.82(122.4%) 0.84(123.5%)

35~44歳の有効求人倍率は高位安定していますが45~54歳の有効求人倍率は伸びていることが分かります。

41歳での転職は非常に厳しいのは間違いない事実ですが上記数値からも読み取れるように絶対に転職できない!と諦める必要はないという事です。

けどそれは特別な技術を持っている人だけでしょ!?と考えているあなたの為に未経験でも可能性のある職業はあるのか確認していきましょう!

未経験で転職できる可能性があるのはどの職種?

「今の仕事が嫌で辞めるのに、同じような仕事には就きたくない!41歳にして無資格で未経験の職種にチャレンジしたい!」と考えている人は少なくありません。

そんなあなたでも転職が可能な職種を確認していきましょう!

①ドライバー職

まず思い浮かぶ職業ですが、ドライバー職にもいろいろあります。タクシー運転手やバス運転手、トラック運転手などたくさんの業界で人手不足となっています。基本、1人での仕事になるので人間関係での悩みが少ない職種と言えるでしょう。

但し、普通自動車免許のみでは運転ができないケースが多くなります。中型免許、大型免許、第二種運転免許を取得しないといけないというハードルがあります。

41歳から取得できないという免許ではありませんので未経験、無資格でもチャレンジができる職種と言えます。

 

詳細はこちら

体験談
41歳未経験でもドライバー職に就く方法を全部調べてみた!裏ワザや失敗しない方法とは?

41歳未経験で転職できる仕事って何だろう!?と考えてみた時に真っ先に思い浮かぶ仕事の中にドライバー職があります。 だって運転免許ぐらい誰でも持ってますよね。運転くらいお手の物と考えているあなた! ドラ ...

続きを見る

②介護職

介護職は常に人手不足となっている職業ですね。給料が安く重労働なので敬遠されているのが実態です。離職率が高いのも正直気になりますね。しかし、人に感謝される仕事ですのでやりがいのある職業とも言えますね。

未経験、無資格でも求人はたくさんあります。入社してから覚えることはたくさん出てきますがそれはどの職種も同じことです。本当に人の役に立ちたい、社会貢献したいと考えているならやりがいを持って取り組める仕事です。

比較的、採用されやすい職業になります。

 

詳細はこちら

体験談
41歳未経験から介護職に転職できる?難易度や介護職場の実態

介護職はハードな仕事である一方、人から尊敬される仕事であり、人から感謝されることから、「やりがいが大きい仕事」とも言われています。 そんな介護職は、現在の高齢社会によって、「働き手と利用者の数」のバラ ...

続きを見る

③工場

41歳の工場勤務未経験でも求人は多く存在しています。面接時にこんな仕事でこんな雰囲気という事が分かるように工場内を案内してくれるケースが多くなります。前もって職場が見れるのって安心しますよね。

工場によっては50代以上の方が多く、41歳で転職しても若い部類に入るケースがあるのでお互いに仕事になじみやすいというのも特徴です。

41歳というと少しずつ体力も衰えてきていますので若い頃よりも体力的にはきついでしょう。又、工場内の暑さ・寒さという点でも事務職などと比較すると労働環境は悪いと言えます。

ただし、その分、給料はかなり高いです!

期間工という工場勤務従業員なら毎月40万円前後の給料がもらえる可能性もあります。

詳しくは「41歳未経験でも高い給料の工場勤務に就ける?全12個の疑問点を徹底解説」の記事で解説していますので、ご覧ください。

 

詳細はこちら

体験談
41歳未経験でも高い給料の工場勤務に就ける?全12個の疑問点を徹底解説

「工場で勤務すると単純作業ばかりだが、給料が高い求人もある!?」 そんな噂を聞き、41歳未経験の私でも工場勤務が可能なのか調べてみました。 最初は、工場勤務というと「ずっと同じ事をする流れ作業で、ただ ...

続きを見る

④飲食(店員)

飲食業は24時間営業などもあり体力が必要な仕事です。

離職率も高いので慢性的に人手不足となっている業界になります。若い従業員が比較的多いので年下の上司の元で指示を受けたり、教えてもらったりという事が多くなるでしょう。転職を考えているなら、余計なプライドは捨てる必要がある業界と言えますね。

未経験からでもできる仕事ですが覚えることは多くあります。独立を考えて働いている人もいますので経営能力を磨きたいと考えている人にも向いている職業です。

⑤営業

営業と言ってもいろんな業界があります。未経験でも現在の仕事柄、人間関係をつくるのが得意という人でないと厳しい仕事と言えます。しかし、求人数が常に多いので41歳でも転職できる可能性のある企業はたくさんあります。

以下のスキルは営業に必要です。

①会話をするスキル ②ビジネスマナーが分かる

未経験とは言っても上記2点は必須と考えておきましょう。うまく転職できても自分が苦しみ、最悪辞めたいと考えるようになってしまいます。

 

詳細はこちら

体験談
41歳未経験でも営業職はできるのか?転職成功のために知っておきたい13の疑問点

40代で営業職への転職をしたいと考えているけど営業未経験者には「とうてい無理な話」と思っていませんか? 確かに営業職は経験者でないと転職は厳しい世界です。ましてや私のような41歳未経験者ではなおさら。 ...

続きを見る

世の中が「40代転職組」に求めるスキルとは?

20代や30代での転職とは違い、スキルを求められるのが40代の転職です。同じスキルの持ち主であれば採用者側は当然若い人材を採用する流れになりますよね。40代の人間が新卒のように何もわからないので教えてくださいなんて会社側からしたら迷惑でしかありません。

それでは世の中の採用担当者は40代転職者にどんなスキルと求めているのでしょうか?重要なポイントが2点ありますので確認していきましょう。

①マネジメント能力

40代ともなれば管理職についている人が多い年齢です。管理職でなくても後輩社員、パート・アルバイトを管理しているというケースもあるでしょう。

管理職の仕事で求められることはマネジメント能力です。この能力は40代の転職者に採用側が最も求めているスキルです。

採用側の立場で考えれば40代のおじさんは即戦力として働けないのなら採用したくないという気持ちを持っています。その部分を転職をしようと考えている側も理解して活動をしなければなりません。

これまで経験してきた人を動かす能力や部下の指導・育成をしてきたスキルを存分にアピールしましょう!

②コミュニケーション能力

対人能力も40代転職者に求められるスキルです。職場の上司、同僚とうまく関係を築けない人材は困ります。若ければこれから教育していけば成長するかもしれませんが40代にそんな教育や時間をかけることはできません。

職場の上司、同僚だけでなくお客様とも信頼関係を作らなければいけないというケースがありますので即戦力と考えればコミュニケーション能力のスキルは必須と言えるでしょう。

仕事で成果を出すには必ずコミュニケーションが絡んできます。特にチームで仕事をしている場合はなおさらです。人と人のつながりがあることで情報共有、何らかのアクションが起き成果が出やすい状況を作れる人。そんな人材を40代には求めているのです。

転職を試みたリアルな失敗談

41歳 小売業 店長 → 工場勤務 を目指しましたが失敗!

何を隠そう、僕自身が41歳転職で失敗をした人間です。10社以上面接を受けましたが全て不採用という結果(書類選考で落ちた分も考えれば30社以上)。現在はとりあえず現状の会社で仕事を続けています。

何が大きな失敗だったかというと、2点あります。

①全く前準備なしに転職活動をしてしまった。

20代で転職をしたときと同じ感覚で転職活動をしてしまいました。これは最大の失敗要因と言えるでしょう。面接を受ける際の基本的なマナーや志望動機など当然聞かれるであろうことしか想定せずにいました。

41歳の転職と言えば厳しいのは当たり前のことでしたが、誰にも相談せず数を受ければ何とかなるだろうなんて甘い考えを持っていました。今考えれば転職活動支援のプロである転職エージェントを利用すればよかったと後悔しています。

又、採用者側の気持ちが全く分かっていなかった(考えていなかった)ことも大きな失敗原因です。41歳でも新人扱いで採用してもらおうと考えていたこと自体が恥ずかしいことですね。

自分の市場価値も知らず、採用側の考えも理解しないまま転職活動をすると痛い目にあいますのでご注意ください。

②持っているスキルをアピールできなかった。

面接を受けた時に、御社に入社したらこんな事ができます。又は現在の仕事でこんな経験をしているので活かせることができます。というようなアピールをしなければならないのに何も考えずに面接を受けていました。

僕の場合、管理職を10年経験していますのでマネジメントをしてきた経験をこの仕事でどう活かせるかをアピールするべきでした。又、40~70名程の部下を管理してきました。成果を出す為にはチームとしていかに同じ方向を向いて仕事をできるかが重要です。そのために必要なのがコミュニケーション能力になります。

これもアピールすることを考えていませんでした。本当にマヌケとしか言いようがありません。もちろん出来ないことを出来るという必要はありませんが自信を持ってこれはできるというものはキチンとアピールできるようにしておくべきです。

自身のスキルと採用側が考えている人材がマッチングしているのか!?が本当に重要な事だと実感した転職活動でした。

 

41歳から転職した成功事例を調べてみた!

ケース①41歳 男性 経理 → 財務・コントローラー

当初は、せっかく新しい人生を歩むなら完全なるキャリアチェンジを前提とし、転職エージェントも利用せずにエントリーしていました。しかし、ニーズはほぼ0であり無駄な時間を過ごすだけでした。

そこで非公開求人を持つ各エージェントを利用するようになり書類選考を通過し軌道にのることができました。最終的には複数社にて内定を頂けることとなりました。

引用:en ミドルの転職

コメント:この方は転職エージェントを利用せずに転職活動をして失敗しています。しかし、転職エージェントに登録して活用するようになって書類選考を通過するようになったとの事です。41歳での転職は厳しい現実がありますので転職のプロであるエージェントを利用した方が有利に進められるという事がわかりますね。

ケース②41歳 男性 営業(法人向け)→営業(法人向け)

当初は希望職種に応募しても書類選考すら通らない事が多かったのですが、応募する企業は必ず会社研究を行い求人内容と自分自身が今まで経験してきた業務内容を照らし合せ、「もしこの会社に入社したら何ができるか?」を考え、イメージして職務履歴書等に記入するようにしてから、書類通過する事が多くなりました。

初めてコンサルタントの方とお会いしてから希望企業の内定を頂くまでなんと15日!いままでの苦労が嘘みたいに決まるときはこんなに簡単に内定になるのだと思いました。

引用:en ミドルの転職

コメント:何と転職エージェントを利用して内定をもらうまで15日しか経過していません。エージェントを利用すると書類選考が確実に通りやすくなります。採用側が求めているスキルを持っているのにアピールができないとそこで終了です。職務経歴書の書き方などを的確にアドバイスしてくれますので成功する確率を確実に上げてくれますね。

ケース③41歳 男性 ITプロジェクトマネジャー→サービス・流通系

最終的に決まった直近で紹介いただいた案件では、企業様とのマッチングがよく、面接2回と筆記試験の結果が良好で、スムーズに内定に至りました。条件面でもマッチし、会社の将来性もあって、当方に対する期待も高く寄せていただき、非常にモチベーションの上がる転職活動ができたと考えています。

引用:en ミドルの転職

コメント:企業側が求めている人材であったという事が内定のポイントです。転職エージェントを活用することで条件面など話しにくい点はうまく交渉してくれますので転職活動が非常に進めやすくなります。マッチングって大事ですね。

転職活動をするときに重要な7つのポイント

40代での転職活動は事前準備が非常に重要になってきます。なぜなら自分が採用されたらこんな事ができる(即戦力)ということをアピールしなければならないからです。事前に自身の経験を棚卸ししてアピールできる内容を確認しておきましょう。

自分のスキルを棚卸しすること

41歳であればサラリーマンとしての経験値は高くなっているはずです。今まで会社で成果を出した時にどんなスキルが成果をもたらしたのか、最も影響したのかをよく考えて書き出してみましょう。

対人スキル(コミュニケーションスキル)、その仕事で必要となる知識、問題解決能力、コーチングスキルなど色々と浮かぶでしょう。そして書き出したスキルが本当に市場価値があるのかを確かめておく必要があります。

当然ですが、市場価値がないのに転職活動をしても成功は難しくなります。市場価値がないということは企業側がほしい人材ではないということになってしまいます。しかしご安心を。41歳になって何もないということはありません。真剣に考えてみましょう!

自身の市場価値を知ること

先にも書きましたが自分の市場価値を知ることは転職活動をするうえで重要なポイントです。自己分析をすることも重要ですが自分が採用担当者側からどういう風に見えるのか知っておくことでマッチングした企業を探せるようになります。

ではどうすれば市場価値を知ることができるのでしょうか?最も推奨できる方法は転職エージェントを利用することです。エージェントの方は転職の手助けをするプロですから、当然どんな人材が欲しいとか求められているとかを各企業とコミュニケーションをとっています。

その各企業にマッチングした人材を紹介することが仕事ですので転職エージェントを利用することで市場価値をプロの目で確認してくれます。自信の価値を知ることで3点のメリットがあります。

①絶対に採用されない企業へのアプローチをしないですむようになる。(ムダな時間を過ごさなくて済む)

②自分では気づかなかった能力に気づいてくれるケースがあり、自分ひとりでは考えても見なかった業界、職種に転職できる可能性を見出してくれる。

③自分にマッチングした企業を勧めてくれるので転職成功の確率がアップする。

40代の転職ではスキルが必要とされるからこそ自身の市場価値を知ることは重要な事なのです。

転職で何を得たいのか考ておくこと

転職をする理由って必ずありますよね。何を目的として転職をしたいと考えているのか真剣に考えておきましょう!何となく転職活動をしていると当初の考え方からずれている企業に転職をして失敗することになります。頭をよく整理して考えてみましょう。

年収アップ

単純に今の給料に不満があり、年収をアップさせたいと考えている。現在の会社では昇給もボーナスも大幅なアップは到底望めないので今よりも高い給料の企業に転職をしたい。

土日休み

平日休みではなく、土日祝日休みの会社で働きたい。子供ができて行事に参加しにくいし、家族の時間も取りにくいので転職して状況を変えたいと考えている。子供の小さい頃は二度と帰ってこないので、この時期に転職したいと考えている。

ワークライフバランス

休みもキチンと取れて、残業も少なめで早く帰宅できる。そんな企業に転職したいと考えている。現在は残業も多く、休日出勤もあり家族の時間を取りにくい環境にあるので変えたい。

残業なし

残業をほぼ0時間にしたいと考えている。ワークライフバランスと考え方は同じ。残業なしの企業に転職したい。

人それぞれ転職理由は違いますが、必ずあるはずです。こういう人生にしたいから転職したいという根本の所を確認しておくことで【こんなはずでは無かった】なんてことが減るはずですので再度確認しておきましょう!

大事なのでもう一度言います。こういう人生にしたい、こういう自分になりたいから転職したいという根本を確認して失敗しないようにしましょう!

こちらの記事も読まれています。

体験談
41歳の平均年収(給料)はどのくらい?相場を詳しく調べてみて見えてきた3つの悩みと解消方法

41歳ともなると自分の給料が世間的に多いのか少ないのか・・・ちょっと気になりませんか。私はすごく気になります。   今もらっている給料が、同世代の相場よりも高いのか低いのか?   ...

続きを見る

41歳の転職は長期間になることを覚悟する

とは言っても41歳で転職をすることはかなり厳しい現実が待ち受けています。1つや2つ書類選考で落ちるのは当たりまえです。それどころか10社受けても全てダメなんてことはザラです。長期間になることを覚悟しておきましょう!

転職サイトDODAで算出している平均応募社数は40代以上で13.7社という数値が掲載されています。これは転職に成功した人たちのデータなので転職活動中の人は含まれていない数値です。と言うことは転職活動中の人も入れたら実際の数値は多くなるということです。

転職成功者の平均応募社数13.7社と言う数値からわかるように1社や2社受けただけで内定をもらうという人は殆どいません。よっぼど市場から求められてるスキルが高いか、自分のスキルとマッチングした企業に応募しているかのどちらかです。

とにかく41歳で転職活動をすると言うこと自体が厳しい戦いになる(長期間)ということを認識しておきましょう!

未経験、無資格でできる業種も視野にいれること

未経験、無資格でできるということは、言い換えれば【誰でも出来る仕事】ということです。誰でもできる仕事なので頭を使う仕事ではなく体を使う仕事になります。ドライバー職は無資格ではなれませんが、高いスキルを求められる仕事ではありませんよね。介護職や工場など体力勝負な仕事が多くなります。

41歳で転職活動をするなら上記で上げたような業界も視野に入れる必要があります。高いスキルを持ち合わせていれば話しは別ですが自信のあるものは何も無いという方はこういった職業でないと転職が成り立たないというケースがありますので注意が必要です。

先ほど推奨した【こういう人生にしたい、こういう自分になりたいから転職したいという根本のところ】を再確認することで【誰でもできる仕事】でも自分の人生を潤わせることができるかもしれません。

例えば、対人関係が苦手でなるべく人と関わらない仕事に就きたい。そんな風に考えているならドライバー職は転職先としてベターな選択と言えます。配送業務であれば基本1人での仕事時間がほとんどだからです。

 

こちらの記事も読まれています

体験談
41歳で無資格なうえ未経験職種に転職はできるのか?転職可能な7つの職種

41歳の私が、これから転職してみようと調べたところ、案の定、厳しい現実が待っていました。 41歳無資格&未経験では、自分が理想とする会社に努めることなんて誰に聞いても無理だって言います。 よく耳にする ...

続きを見る

情報収集はくまなく行うこと

情報を集めるには色々な方法があります。口コミ(インターネット)、転職雑誌、転職サイト、ハローワーク、新聞、折込広告から求人や業界のこと職種のこと、成功・失敗体験など多くの情報に触れることができます。これって重要なことなんです。理由は3点あります。

①どんな求人があるのかが分かる。

②口コミを見ることでその企業の内情をある程度知ることができる。

③成功・失敗体験から良いところは真似して、悪いところは前もって対策を打てる。

 

まず、どんな求人があるのか、今求人は多いのか、自分でも転職できそうな求人はあるのかを知ることが重要です。40代の転職は厳しい道のりになりますので実際に求人数が多い転職サイトを活用して調べるというのが一般的です。

転職者の体験談や履歴書の書き方などの基本的な項目のチェックもできるので助かります。

手始めに転職サイトへの登録だけは済ませておきましょう!

 

こちらの記事も読まれています。

体験談
【職務経歴が少ない方が有利】40代初めての転職でも採用される履歴書の書き方&注意点

40代で初めて転職をしたい!というあなた。 「40代にして初めて転職活動をするなんて不利になるのでは!?」なんて考えていませんか? 確かに色々な職歴があり、それに伴った技術があるならそれは評価されるで ...

続きを見る

”転職のプロ”のチカラを借りること

40代の転職を効率的に進めて成功確率を上げるならズバリ【転職のプロ】の力を借りることです。20代~30代のように若さを武器にできない40代にとってプロの力は絶対的に必要なものになります。

ここでいう【転職のプロ】とは数多くのミドル転職者の成功事例を出している転職エージェントのことです。

まさに成功例も失敗例も企業側が求めている人材も40代転職者が求められるスキルも全て知っています。この人たちを味方につけなければ有利に転職活動は進められないと言っていいでしょう。

先にも言いましたが、自身の市場価値を知るという観点でも活用できます。自分で勝手に判断(思い込む)するのではなくプロの目できちんと見てもらった方が正確な市場価値が分かります。

上記のように40代転職者には大きな味方になってくれます。使わずして転職活動を不利に進めるなんてことにならないようにしましょう。

 

【結論】41歳で転職するなら転職サイトと転職エージェントを上手に併用する事

41歳で転職を成功させる為にはいい意味でプロに頼るということ。転職エージェントを活用することで得られるメリットは多く、ミドル転職で壁となる書類選考の通過率が上がるという点が1つあげられます。

面接をしてもらえないと内定はもらえませんのでスタートラインに立つという意味で重要ですよね。ちょっとした一例ですがプロに頼ると言うことが41歳の転職では重要となります。

プロに頼る以外にも自身のペースで転職活動を進めるのに必要なのが転職サイトの活用です。転職サイトはあらゆる年代に適用していて求人数の多いもので情報を取るようにしましょう!

結論、転職サイトと転職エージェントを併用することで転職活動を有利に進められます。

転職サイトの活用法とおすすめサイト

まず、最初に実施することは転職サイトに登録することです。でもどの転職サイトに登録すればいいの?と考えてしまいますよね。選ぶポイントは求人数の多さ。これははずせませんので要チェックです。

一般転職者で最もメジャーな転職サイトは【リクナビネクスト】。まず手始めに登録をしておきましょう!

リクナビネクストに登録しておくとこんなメリットがあります。

 

  • 求人数の多さでは業界トップクラス。どんな求人があるのか調査するにはもってこいのサイトです。
  • スカウト機能を利用できる。あなたに見てほしい求人先からオファーが届きます。
  • スマホ・PCどちらでも求人チェックできるので隙間時間を使用して応募することができる。

 

リクナビネクストの登録はコチラからできます。

 

転職エージェントの活用法とおすすめサービス

プロの力を借りるということを推奨してきましたが、具体的にどんな活用法があるのでしょうか?転職エージェントを利用することでどんなメリットがあるのか確認しておきましょう!

 

  1. 数多くの非公開求人からあなたにあった求人を探してきてくれる。
  2. 自分の気づかなかった経験・知識・スキルを見つけてくれる。
  3. 最高の自己PRを作成する手助けをしてくれる。
  4. 過去に質問された内容などのデータから万全の面接対策をしてくれる。
  5. 面接の日程調整や給与交渉など面倒な手続きを代行してくれる。

 

これ以外にも多くのメリットがあります。もちろんデメリットも知っておく必要がありますがこれらのメリットを最大限活用して有利な転職活動をしていくことが41歳転職を成功させる方法です。

41歳転職者が登録すべき転職エージェントの条件は大きく捉えると3つです。

 

  • 求人数が多いこと
  • どの年齢層にも強いこと
  • 特化型ではなく総合型転職エージェントであること

 

上記3点の条件を満たしている転職エージェントの中でも1番手に登録しておきたいのが【リクルートエージェント】です。国内最大級の求人数をほこる転職エージェント。非公開求人も非常に多く、どの年齢層にも強いというのが特徴です。

登録したら絶対に転職しなければならないというものではありません。スタートラインにたつ為にもまずは気軽な気持ちで登録を済ませましょう!

 

リクルートエージェントの登録はコチラからできます。

 

まとめ

41歳での転職は決してあきらめる必要はありません。実際に転職成功者は数多く存在するのです。有利に転職活動を進めていく最大のポイントは【プロの力を借りる】ということです。

40代転職成功者の多くは転職のプロである転職エージェントをうまく活用しています。とにかく行動することが重要でその第一歩が転職サイトや転職エージェントへの登録作業です。

一人で悩んでいる時間があるなら行動しましょう!行動を起こせば転職のプロがあなたの気づかなかったスキルを見つけてくれるかもしれません。もしかしたら考えてもみなかった業界へチャレンジするチャンスをつかめるかもしれません。

もしかしたら・・・・もしかしたら・・・

考えていても前に進みません。勇気を出してアクションを起こしましょう!

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-41歳から転職したい

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.