SEへの転職

社内SEは本当にラク?転職前に確認すべき社内SEの楽な部分と大変な部分

更新日:

クライアントからの要求がきつく納期が近くなると残業が多くなってしまう。

体力がある今のうちはいいが、これからも続けられるだろうか?

社内SEは周囲の話では残業が少なく楽だと聞くけど、実際はどうだろうか?

このように、今の業務内容に不安があるため、社内SEへの転職が気になっている方はとても多いです。

ただ、社内SEには、魅力だけではなく、Slerなどでは感じられないデメリットや大変な部分はいくつかあります。

しかし、社内SEにおけるデメリットを理解したとしても、きっと、今の職場以上に働きやすくなるでしょう。

その理由は、「仕事の質」と「会社への帰属意識」によるものが大きいからです。

そこで、この記事では、これから社内SEに転職しようと考えている方にむけて、社内SEの実態を紹介し、メリットとデメリットを出来るだけ詳しく解説します。

そして、記事後半にはスムーズに転職を進めるための方法をまとめていますので最後までご覧ください。

SIerから社内SEに転職すると感じられるメリット

社内SEは楽ということをネット上でよく見る機会があります。実際どうなのでしょうか?

筆者の周囲の現役社内SEにヒアリングした結果は次の通りとなりました。

納期の調整ができて、残業が減る

社内SEになるとシステムのリリース日などの期日の調整がしやすく残業が減る傾向があります。

というのも社内SEの場合、クライアントは同じ会社の他の部門であったり、同じグループ会社の他の会社であるためです。

SIerやソフトウェア開発会社の場合はクライアントはユーザー企業のため、依頼されたプロジェクトの納期を調整はできるものの完全に拒否することはできません。また、”営業的要素”で営業側が一方的に納期を決めてきてしまうこともあります。

一方で社内SEの場合はそのユーザー企業側に属しているので、そういった”営業的要素”はなく、あくまで「業務の遂行上、いつからそのシステムが必要かということ」で納期が決まります。

社内SEはそういった納期をヒアリングして本当に必要かどうか見極める立場でもあるので、調整ができます。結果的に無理のないスケジュールになり残業を減らすことができます。

正社員として保障される、帰属意識がもてる

当然のことながら社内SEになるとそのユーザー企業の正社員になり、基本的に客先常駐や異動がなくその企業に帰属意識がもてます。

社内SEはSIerやソフトウェア開発会社と違って、プロジェクトごとに職場が変わったり、客先に常駐して、自社に出勤することよりもクライアント企業に出勤することが多いということにはなりません。

ユーザー企業では正社員になるので客先常駐はなく、会社に自分の席があるので、精神的に安心して働くことができます。また、ITの専門職として採用されるため、本人が希望しなければ他部署へ異動することも基本的にありません。

退職金など福利厚生がある

社内SEに転職するとその企業の正社員になるため、就職した企業によりますが退職金など福利厚生が手厚くなることが多いです。

一次請けで案件を獲得できるような大手SIerに比べてそれ以外企業は比較的に企業の売上高や資本金の額が少なく体力がない企業が多いです。そのため、退職金や住宅手当や家族手当などの福利厚生が完備されていない企業が多いです。

一方、社内SEになるとその企業の正社員であり、長く務めることを前提としている企業が多いため、退職金など他の社員と同じになります。転職の多いIT業界と違って安定して長く勤められることがメリットです。

社内SEのここが大変!デメリットは2つ

プロジェクトの最終的な責任を負っている

社内SEはプロジェクトの予算の管理やプロジェクトのコントロールを役割としてもっているのので、プロジェクトの最終責任を負っています

ベンダー側はあくまで要件定義時に決めた作業範囲を遂行することに責任があるので、要件定義が間違っていて使い物にならないシステムになってしまった場合でも責任がありません。

社内SEはそうはいきません。社内SEの仕事はユーザー側の立場でそのシステムが業務で使えるようになるまでが仕事です。

そのため、プロジェクトの中で要件定義時に明らかになっていなかった要件が後になって見つかった場合でも、「作業の範囲ではないので」ということが言えません。

プロジェクトを成功させるため、利害関係者を調整して、なんとかやり遂げないとならない責任があります。

24時間365日での対応が必要

社内SEは担当のシステムを持つことがあり、そのシステムにトラブルがあった場合に24時間365日で対応しなければなりません

ある程度の規模の企業の社内SEになると、社内ネットワークの担当であったり、一業務システムの担当になることがあります。

社内の他の部署やグループ会社からの一時窓口は社内SEが担当することになります。

業務が止まってしまうと、大きな影響がでてしまうため社内SEは24/365の対応が必要です。

社内SEに求められるスキル

社内SEな必要なスキル

社内SEに必要なスキルは様々ありますが、大きく次のスキルが必要です。

  • プロジェクトマネージメントスキル
  • 折衝コミュニケーションスキル
  • プログラミングスキル

社内SEはシステムの新規導入やベンダーコントロールや両部門との調整がメイン業務になるため、プロジェクトマネージメント能力は必須です。社内SEがしっかりしていないとうまくいくプロジェクトも間違った方向に進んでしまいます。

ベンダーや利用部門のユーザー、利用部門の部署長など様々な関係各所とやりとりする必要があり、伝書鳩では仕事にならないため、積極的に働きかけていくコミュニケーションスキルが必要です。

社内SEはプログラミングするイメージがないため(システム開発を内製化している企業はあります)プログラミングスキルは意外かもしれませんが、社内SEにもプログラミングスキルは必要です。

なぜなら、ベンダーから提示された開発金額を妥当かどうかチェックするためです。システム開発の見積もりはSEの経験値を根拠としているため、金額を精査する側もその経験がないと金額が高いのか安いのか判断できません。

もっていると社内SE転職に有利な資格

社内SE転職に有利な資格はIPAの「プロジェクトマネージャ」や「情報処理安全確保支援士」などの資格を持っていると有利といえます。転職者の場合は資格は知識があるという補足であってよりも実務経験の方が優遇されます。

逆にOracleやMicrosoftなどのベンダー資格はあまり評価されない傾向があります。客先常駐SEはなどでは比較的評価される資格ですが、社内SEの場合はデータベースやサーバー作業をメイン業務にしていないためです。

社内SEの将来性は有望!ユーザー系IT人材が不足

IT業界は深刻な人材不足、今後も不足が予想される

経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2015年時点で約17万人のIT人材が不足しているという結果になっています。

今後もIT人材の供給力が低下するにもかかわらず、ITニーズの拡大によってIT市場は拡大を続けることが見込まれるため、IT人材不足は今後ますます深刻化するとされています。

2030年には、(中位シナリオの場合で)約59万人程度まで人材の不足規模が拡大するとの推計結果となっています。

転職市場としては売り手市場になっており、年収アップなど良い条件で転職できる可能性が高くなっています

ユーザー企業の情報システム部門などで先端IT人材が不足

社内SEの不足状況に目を向けてみると、ユーザー企業で社内SEが不足しているというアンケート結果となっています。

今後はAIやIoT、ブロックチェーンなどの先端技術を用いて顧客の満足度向上を目指す攻めのIT投資が重要視されていますが、ユーザー企業の情報システム部門の人材(=社内SE)のアンケート結果によると、8割を超える回答者が攻めのIT投資を推進する人材について「大幅に不足している」、「やや不足している」と回答しています。

特に不足する部門としては情報システム部門と回答されており、IT人材の活躍の場はソフトウェア開発会社などのベンダー企業だけでなく、ユーザー企業側でも必要とされており、社内SEに転職しやすい環境となっています。

キャリアパスはCIOなどの情報戦略役員

社内SEのキャリアはプロジェクトマネージメントやシステム監査など管理系のスキルをつけていき、最終的にはCIOになることが多いです。

入社すると最初は一システムの担当になり、年次があがるにつれて、他のシステムやセキュリティー担当を経験します。また、大手企業の場合、グループ会社の情報システム部門に出向する事もあります。

社内SEになるための失敗しない全手順

転職エージェントの利用の流れ

転職は転職エージェントに面談に行くところから始まります。転職サイトや企業の採用ページを利用して転職活動はできますが転職エージェントを利用することを強くおすすめします。詳しくは下でまとめています。

転職エージェントに無料の面談予約をすると職務経歴書や履歴書などの記入を依頼されます。面談ではそれらの資料をもとにエージェントが希望する業界や企業をヒアリングしてくれ、具体的な求人を紹介されます。

転職エージェントによっては模擬面談や各種セミナーを開催しているところがあるので、それらを利用しながら志望した企業の面接を進めていきます。

転職エージェントを複数利用する

転職成功のためにはエージェントを複数利用します。目的は複数利用する事で案件数を増やすためと、エージェントのモチベーションを引き出すための2つです。

複数の業界の求人を持っているいるような総合エージェント併用して面談にいってみると重複している求人もありますが、ほとんどは重複していないので求人の母数を増やすことができます。

IT業界専門のエージェントでは総合エージェントでは見なかったような優良企業の求人があることがあります。総合エージェント複数+専門エージェントの組み合わせが良いでしょう。

また、転職エージェントにいくと他社を利用しているかと聞かれます。エージェントも自社から紹介することで売上につながるので、自社から紹介できるよう良い求人を探してくれることが期待できます。

転職成功者の多くが転職エージェントを利用している理由

非公開求人がある

転職エージェントは多くの非公開求人をもっています

というのも企業は事業拡大や新規事業を行うときに即戦力が必要なため中途採用を行おうとしますが、それらは企業機密のためインターネット上の求人サイトに公開することができないからです。

転職する際には多くの企業に申し込む必要があります。転職成功のために必要な企業数は概ね30社と言われています。

転職では転職者のこれまでの経歴や人柄が採用企業の必要としている能力やカルチャーが簡単にはマッチしないため、多くの企業に申し込む必要があります。30社申し込んで書類通貨は10社程度でそのうち内定をもらえるのは、1社か2社程度になります。

企業が採用したい人材を知っている

転職エージェントは採用企業がどういった経歴でどういう人柄の人材を欲しいか情報を持っています

大手の転職エージェントは企業の人事部や採用担当とやり取りをして求人をとってくる企業担当と転職者に求人を紹介したりアドバイスをする転職者担当に分かれています。

企業担当は転職者を紹介して不採用となった場合に、その転職者のどういうところがマッチしなかったなど不採用理由のフィードバックを受けています。

また、過去にその企業に紹介して採用された人材について採用理由を蓄積しているので、「こういうところをアピールすればよいですよ」などその企業の採用動機に即したアドバイスをもらえます。

志望動機のレビュー、模擬面談がある

転職エージェントでは転職しようとしている企業や業界の志望動機のレビューや模擬面接を実施してくれます

志望動機のレビューを受けると自分では気づいていなかった弱点や自分では価値がないと思っていた経験などが逆に企業からのニーズがあることがわかる場合があります。

自分の考えだけで転職活動をしてしまうと考え方が偏ってしまうため、転職エージェントを利用して第三者の意見も取り入れます。

はじめて転職エージェントを利用するなら、業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです!

リクルートエージェントは、

  • 業界最大級の非公開求人数があるため、魅力的な求人に出会える確率が他より高い!
  • 各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが対応してくれるので希望が叶いやすい!
  • 「面接力向上セミナー」をはじめ、転職するためのサポートが充実している!

上記のような特徴があり、エージェント利用が初心者の方でも安心して利用できます。もちろん登録は無料。

3分もあれば登録できますので、この機会に登録だけしておく方が、今後の転職活動がスムーズです。

リクルートエージェントの無料登録はこちら

まとめ

社内SEは大変な部分もありますが、IT業界の中では最も安定して働くことができる職種です。

また昨今のIT人材の不足よりユーザー企業でのIT人材の活躍のできる領域は広がっています。自身のキャリアを考えるためにも転職エージェントに相談してはどうでしょうか。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-SEへの転職

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.