発達障害でも正社員になりたい

発達障害者が正社員に就職できない理由と解決策まとめ

更新日:

発達障害があるから正社員に就職できないのかな・・・

障害者枠で就活を進めるも、なかなか成果が出ないとついつい障害や特性のせいにしてしまう人がいます。確かに就職できない理由はわかりにくいため、障害のせいにしたくなる気持ちはわかります。

しかし、就職できない本当の理由は、一人で就活の問題を抱え込んでいるからです

正社員就職ができない発達障害者の方の多くは、失敗している理由にも気づかないまま時間だけが過ぎていることを自覚しなければいけません。

この問題を解決するには、専門アドバイザーの意見を聞き、間違った就活を正していくことから始める必要があります。そのため、ここでは

  • 正社員に就職できないのは発達障害の影響だと思っている
  • 不採用になる原因の特定ができない
  • すでに支援やサポートを受けているが結果が出ていない

このような方に向けて、改善すべき問題点と解決策を解説していきます。

関連記事
発達障害者は障害者枠か一般枠のどちらで働くべき?【迷ったら障害者枠の理由】

障害者枠と一般枠のどちらで就職した方がいいのだろう・・ 障害者枠と一般枠を比べていると、どちらを選んでも一長一短なため悩んでしまいがちです。特にグレーゾーン障害にある発達障害者の方ほど、選べずに困って ...

続きを見る

正社員就職できないと思い込んでいる発達障害者が見落としがちな問題

正社員に就職できない方の中には、「自分はまともな就活を送っている」という思い込みから成果が出ていない人も多くいます。

注意しておきたいのは、人は自分のミスや欠点に気づこうと思うなら、誰かに指摘でもされない限り難しいということです

「就職できない理由は、思わぬ見落としから発生しているかもしれない」という可能性も踏まえて考える習慣を持ちましょう。ここからは、見落としがちなポイントを説明します。

障害に理解のある企業だと思い込んで応募してしまう

障害者枠で求人案件を出している企業は、基本的に障害者に対して理解を示してくれています。発達障害者の方も、障害者枠の面接で話を聞いてもらい理解されていると感じられることは多いはず。

しかし、一部の企業はとりあえず障害者求人を出しているだけで、こちらが思っているほどの理解を持っていないこともあります。

この背景には、法律に沿って障害者を採用しなければいけなかったり、同じ障害者でも身体障害といった分かりやすい事例にだけ対応していることなどが関係しています。

ごく少数にはなりますが、障害者雇用をすることで国からの助成金を得ることもできるため、形的に採用を進めているところもあるので注意が必要です。

求人や企業をしっかりと吟味して自分で選べる人はいいのですが、決めつけで「障害者枠だから理解されるはず」と思い込みがちな方は気を付けて下さい

対策として、専門の求人アドバイザーをつけるなどして、本当に障害に理解のある企業を見極めるようにして下さい。

自分の就職活動を順調であると錯覚してしまう

「順調に就職活動ができているのに結果だけが出ないんだよな~・・・」

こういった感覚になっている方は危険です。なぜなら、就職活動が順調であれば自然と就職という結果に繋がるからです。

順調だと思い込んでいるのは自分だけで、どこか就職活動のやり方が間違っていると反省しなければいけません。

就職活動の大半は、個人で行うことが前提です。経歴書の準備や、面接対策など自分なりでも出来てしまうため、順調だという錯覚を起こしやすいことが背景にあります

もし結果に繋がっていない場合は、専門アドバイザーに聞くなどして、どこでミスしているのかを具体的に教えてもらうことが必要となります。

  • 応募する企業選びは間違っていないと思う
  • 履歴書や職務経歴書はちゃんと書けていると思う
  • 面接はいつも上手く進んでいると思う

こういった思い込みがないか、少しでも自分の中にある錯覚を疑いましょう。就職できる人は、上手く行かない原因もしっかり把握できています。

適切なサポート支援を受けられていると思い込んでいる

障害者枠への応募をされている方の中には、すでにサポート支援を受けられている方もいるはずです。これについては、専門アドバイザーを頼るべきという話からも就活法としては正しいです。

しかし、そのサポート支援が必ずしも適切かというと微妙なところがあります。なぜなら、サポートをいくら受けても就職ができないと活動そのものが無意味だからです。

就職活動は結果が出てナンボの世界。もし結果が出ていないなら、そのサポート支援自体に問題があるかもしれないと考えるべきです

適切なサポート支援を受けていると思い込んでしまうと、なぜ不採用になるのかという問題が見落とされたまま就職活動だけが続くようになります。

「この障害者支援は適切なサポートと言えるのだろうか?」という視点でチェックしていると、もし成果に繋がらない支援を受けていたとしても気づくことが可能となります。

障害者サポートの難しいところは、支援サポートを受け付けている場所や、担当者によって大きく差ができることも知っておきましょう。

関連記事
発達障害の転職
発達障害者が就職活動する前に知っておくべき注意点と正社員で働く方法

発達障害者は正社員で働くことが難しい! 障害者枠で求人を探しても、非正規雇用や給料が少ないなど諦めていませんか?確かに、一般の求人情報を見ても、納得いく条件の求人は本当に少ないのが現状です。 管理人し ...

続きを見る

正社員就職できない発達障害者が起こしがちな間違った対策

正社員に就職ができないと感じる時、切羽詰まった方ほど間違った対策や行動を取る傾向があります。

正しい就活を行うことや知識として知ることは重要ですが、同時に何が間違った行動なのかを知っておかねばいけません

「間違ったことをしているかも?」と気づくために、起こしがちな間違った対策を例に挙げておきます。

興味がない業種の職業訓練を受け始める

「就職できないなら職業訓練を受けてみてはいかがですか?」とアドバイスを受けることがあります。確かに、スキルも経験もない方には職業訓練も一つの選択肢なので受けるための検討をする方もいるでしょう。

ただし、職業訓練は好きな仕事や興味のある業種から選べるわけではありません。各支援機関が定めた範囲内から選ぶことが基本となります。

そのため全く興味がない業種であるにもかかわらず、勧められるがままに「正社員になりたい」という思いや理由だけで受講する方も少なくありません。

職業訓練はあくまで訓練だと認識してください。訓練を終えても正社員で採用されることまでは約束されないため、人によってはただ無駄に訓練を受けてしまうということも起こりえます

興味があれば、正社員になれなくても後で役立つかもしれないのですが・・。「就職できない」という理由を解消できる手段として受け止めないようにしましょう。

就職支援を受けるために行政機関を渡り歩く

就職するための努力として、支援を受けるために様々な行政機関に通う人もいます。行動そのものは就職に対してプラスに働くのでやるべきなのですが・・。

気を付けて欲しいのは、就職支援を受けたいがために渡り歩いている状況に陥らないことです。渡り歩いているのは、たらい回しに遭っているようなもの。

多いケースとしては

  • 求人応募をしようとするも、能力的に難しいと言われて、就労移行支援を勧められる
  • 働ける状態なのに、ボランティア活動からのスタートを示唆された

このようなケースが、行政機関を通していると起こることもあるので注意が必要です。

行政機関は障害者に取って頼れる味方であることに変わりはないのですが、障害者支援をその場で行えない時に他に行くよう支持されやすい特徴があります

専門家たちも、行政機関にバラバラに配置されているので、そこで支援できないと判断すれば他に頼るしかありません。

その点で言うなら、求人アドバイザー付きの就職支援サービスは便利と言えます。

相談に始まり、求人紹介、就職後のサポートも含めて一か所ですべてをまかなっているので、当事者の負担は軽減されやすいです。

同じ就職支援サービスの利用をやめない

就職支援サービスを使う際には、結果が出ないなら同じところを使い続けるべきではありません。場合によっては、全く違った就職支援サービスを頼ることも必要です。

同じところを利用し続ける人は

  • 信用できる相談員と出会った
  • 気になる求人案件が多い

こういった点に魅力を感じていると思いますが、自分がいいと思っているだけで、支援サービスの内情までは理解できていないはずです。

信用できる相談員というのは、会話もしやすいですし、悩みも共有できる心地よさがあるため利用をやめるのは抵抗があるかもしれません。

求人案件も魅力に思えたら、「何とかお世話になっている間に就職を決めたい」という気持ちになるのも当然だと思います。

ただし、結果として就職できていないなら、他の求人サービスを利用するなど、最低限の比較は必要と言えます。同じところにいて状況が変わらないのは、結果として就活には失敗しています。

「ここじゃなければいけない!」という思いの裏には、新しい場所で仕事を探すのが不安なだけという気持ちがあることも忘れないようにしましょう

おすすめなのは、求人サービスを2か所以上利用すること。今使っているところとは別に、アドバイスをもらえる場所に行くと客観的に状況把握も可能になります。

関連記事
正社員で働く発達障害者はどこで仕事を見つけた?【求人サービス別の特徴まとめ】

正社員で働きたいけど、障害者枠は非正規が多いなぁ・・・ やる気になって正社員求人を探している時に、非正規求人ばかりだとがっかりしますよね。事実、障害者枠で正社員求人を見つけるには難しい状況があります。 ...

続きを見る

正社員就職できない時は求人アドバイザーの支援が解決策となる理由

正社員に就職できない人に共通するのは、しっかりとしたサポートや支援を受けられていない点です。

そこで解決策となるのが、障害者の専門求人アドバイザーから支援を受けること。求人アドバイザーを頼ることで、どういったメリットが得られるのか解説してみます。

障害者枠では一人就活が有利になることはほとんど無い

前提となりますが、障害者枠での就活は一人でやることで有利になることは基本的にありません。

一般枠なら、一人で何でもこなせているように見せるメリットがあるのですが・・。

特に発達障害の方になると、特性面の説明が必要だったり、就職後の対応といった問題が出てきます。これらについては、企業側も負担が増えるので採用に踏み切れない会社があるのも事実です。

そこで、これらの問題をフォローしてくれる求人アドバイザーがいるとイメージも変わります。

特性による誤解を防止したり、就活中の失敗にフォローをしてくれるなど、アドバイザーがいるからこそ有利になる部分は多くあります。

障害者枠という特殊な環境で就活している以上は、専門的にアドバイスをくれる人がいるに越したことはないと言えます。

経歴書や面接対策などから、就活をどこで失敗しているか教えてもらえる

履歴書や職務経歴書といった書類作成や、面接対策などは就活の肝となる部分です。もし不採用が続いて就職できない理由を探しているなら、これらを再チェックすべきです。

しかし、素人目線で見直したとしても、どこにミスがあるのかまでは気づけません。分かるなら、最初から失敗することもないですからね。

そこで求人アドバイザーに頼るとスムーズに解決します。彼らは就職のプロフェッショナルなので、経歴書の書き方や、面接対策の練習などから改善ポイントを教えてくれます

同時に、応募企業からもフィードバックを受けるので、本来なら聞けない内容も質問することが可能です。

一人で活動していると、こういった反省材料も手にできないデメリットがあります。そのため、できる限り求人アドバイザーを利用した方が就職に近づけると言えます。

関連記事
障害者枠での面接
障害者枠での就職面接で失敗しないコツを総まとめ|求人アドバイザー対策が必須の理由

発達障害者の就職面接には落とし穴がある! ちょっと脅すような言い方ですが、面接対策を行っていない人は失敗を繰り返す現状があります。 そもそも障害者枠を利用される方は、以下のメリットを考えていますよね。 ...

続きを見る

就職しやすい求人案件をピックアップしてもらえる

就職しやすい求人が事前にわかるとすれば応募してみたいと思いませんか?

しかし、実際に一人で就活をしていても、どこも同じ求人にしか見えないですよね。

この点で、求人アドバイザーを利用すると有利になります。なぜなら、過去に応募した人材の特徴や障害の特性を踏まえた上で、採用確率の高い求人案件を紹介してもらえるからです。

自分一人では、行き当たりばったりに応募してしまうところですが、求人アドバイザーがピックアップした中から選べるようになれば無駄も減ります

就職できない方ほど、こういった就職しやすい企業の存在を無視して応募しているため、求人アドバイザーに聞けるような態勢作りは必要と言えます。

発達障害者が就職しやすい求人サービスの特徴

発達障害者の方が就職しやすい求人サービスには、一定の特徴があります。

「求人アドバイザーが必要であること」は述べて来た通りですが、ただアドバイザーが在籍していればいいわけではありません。

そのため、ここでは具体的にどういう点で求人サービスを選べば良いのかについて解説してみました。条件に該当していたサイトとして、dodaチャレンジを参考にしているのでチェックされてみて下さい。

豊富な業界・業種から選べる求人案件がある

取り扱いされている求人案件から、豊富な業界と業種があることは確認してください。障害者求人の難しいところですが、作業所での仕事などは多くなりがちです・・。

しかしdodaチャレンジなら個々にあった仕事を紹介してもらえ、同時に多くのメーカーやサービス、商社や流通など業種から幅広く選べます。

偏った求人情報だと、それだけで利用すべきかどうか考えたくなるところですが、まずはアドバイザーに相談して話を聞くだけでも情報が手に入るのは嬉しいところ。

発達障害者の特性は似ていても、個別に困っていることは違うので、なるべく豊富な求人の揃うdodaチャレンジのようなところから選ぶに越したことはありません

不採用になった場合もしっかりと振り返りをする

もし不採用になっても、しっかりと振り返りを行う必要があります。どこで失敗しているのか、何か間違っているところがないかを知ることは就職するためには避けられません。

dodaチャレンジであれば、求人アドバイザーを通して就活をするので、この点でも問題はありません。なぜ不採用になったのか理由を教えてもらった上で、次回に活かせる反省点が出てきます

一人での就職活動をしていると振り返りもできませんが、dodaチャレンジであれば就職するためのサポートの一環で手伝ってくれます。

今まで不採用になった理由も分からないまま、就活だけは繰り返している方など、参考になる意見がもらえるのは強みとなります。

正社員に就職できる企業の目星を教えてもらえる

dodaチャレンジは個々にあう求人案件を、ヒアリングや相談結果から教えてくれます。その際に、正社員として就職できる企業の目星もつけてもらえるため無駄がありません。

過去に紹介した人材や求人データから、どの企業がどういった人材であれば採用しているのかが分かっています。

これらは、一人で就活をしてると絶対に気づくことができないポイントなので、教えてもらえるなら必ず聞いておくべきと言えます。

応募する企業は個々によって違いますが、就職しやすい企業が事前に分かるなら知りたいはず。応募段階でのリサーチとして、アドバイザーに相談してみましょう。

まとめ

就職ができないと嘆く発達障害者の方は、一人で就職の問題を抱え込みがちです。一人で就職できないと感じているなら、最低でも求人アドバイザーは頼る必要があります

例えばですが

  • 求人アドバイザーを頼ったことがない
  • 何が原因で就職できないのか答えが出ない
  • 早く就職して安心したい

このような心境にある方は、dodaチャレンジなどの障害者専門の求人サービスでまずは相談すると状況にも変化が出てくるはずです。

「就活は一人でやるものだ」という思い込みを捨て、少しでも就職できる確率を上げるために相談することをおすすめします。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-発達障害でも正社員になりたい

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.