発達障害でも正社員になりたい

【発達障害が職場で理解されない!】トラブル回避の方法と働きやすい職場の探し方

更新日:

障害者枠で就職したのに、発達障害の特性を理解してもらえない・・」

障害を理解してもらいやすい障害者枠であっても、発達障害に関してはトラブルが絶えません。障害への理解を求めて入社したのに、実態は全く別物だったというケースです。

  • 発達障害者にも働きやすい職場だと思ったのに・・
  • 特性に理解があると聞いていたのに話と違う・・

なぜこのような事態に陥るのかというと、障害者枠求人という仕組みに安心してしまい、「障害者が働きやすい職場の探し方」を無視しているからです

障害者求人で人材を確保している職場は、確かに一般的な職場よりは理解があるように思われがち。ですが、探し方を間違えると同じ障害者枠でも、天と地の差が出るほど労働環境に差が出ます。

そこで何を基準に求人を選び、どういった場所で仕事を探せばいいのかまとめてみましたので、参考にしてください。

こちらの記事も読まれています。

発達障害者が平均給料の高い仕事に就く方法【年収200万円の壁と対策】

障害者枠で働きたいけど給料が少なすぎる・・・ 障害者雇用じゃあ生活できない・・・ 発達障害の方の中には、今の給料や収入について不満を持ちながら仕事をしている方も多いようです。 管理人ただ、残念ですが、 ...

続きを見る

発達障害を理解してもらえないと起こる問題点

「障害者枠」で就職していたとしても、発達障害は特性を理解してもらえないと問題が起こります。

身体障害といった目に見える障害を持った方よりも、コミュニケーションや作業の速度など日常生活から派生する問題が多い」ことも理由に挙げられます

それでは、具体的に起こっている問題を解説していきます。

自分の努力ではどうにもならない特性について責められる

発達障害に悩む人は、努力ではどうにもならない特性を抱えて困っています。もし自分の力でどうにかできていれば、そもそも発達障害で悩まなくて済みますからね。

しかし、障害者枠で働いていても、この特性を理解されずに職場内で責められることがあります。

例えば健常者でも起こしがちなミスの繰り返し。誰にでも起こりそうな問題なので、理解されるまでに時間がかかる傾向があります。

ADHDの症例に多い「集中力が持続しないため、いつも小さなミスを繰り返す」といった特性があると、「何で同じ間違いを繰り返すの?」と思われてしまいがち。

「集中力が続かないことに困っている」という問題に職場から理解がないままだと、「努力しないまま失敗を繰り返す人なんじゃないか」と責められることさえあります

ミスを恐れて働くことが億劫にならないようにするためにも、努力でどうにもならない特性は伝えて理解される必要があります。

発達障害への間違った配慮で対応される

発達障害を理解してもらえると、職場内で配慮をしてもらえます。しかし、配慮とはこちらが困っている問題について、サポートしてもらえるかどうかがポイント。

発達障害への理解がないと、ここで間違った配慮を受けるようになります。特に困るのは、発達障害の当事者ができることを、勝手に企業ができないと判断するケース。

できないことを、当事者の要望で配慮してもらう分には問題ないのですが・・。企業が勝手にできないからと、仕事を任せてくれなくなると仕事は減ってしまいます。

障害の程度に応じて、仕事量を考慮されるのは障害者枠のいい点ですが、給料はできる仕事に応じて変わります。勝手に「できない」と間違った配慮を受けると、成長する機会も奪われやすいと言えます

特性を理解された配慮を受けないと、腫れ物に触るように扱われて、結果的に職場に居づらくなるのは問題になります。

関連記事
上司から理解ある職場で働くために発達障害の方が実践すべき3つの対策

発達障害の特性に理解のない上司に困っている。。。 職場からの理解は、発達障害者の方が安心して働くための必須条件なのに、その理解が得られず、働きにくい状況で不安を抱えている方はとても多いようです。 それ ...

続きを見る

理解されないままだと無理をして働くことになる

特性の理解がされないままだと、「これくらいはできるでしょ?」という扱いを受けることも多くなります。見た目で分からない発達障害の問題としても、よくあるトラブルです。

例えば、通常なら何ごともなく進められる作業でも、急ぎで仕上げないといけない場合はパニックになりがち。少し早く作業をするだけというのは、障害が無ければ問題になりませんが・・。

急な対応を求められたり、臨機応変かつスピーディーに動けない発達障害者はここで無理をしなければいけません。

特性的に難しいということが理解されないと、周りも徐々に「これくらい、これくらい」と求めるハードルを上げてきます

理解されやすい職場であれば、「これはできる?」と確認を取ってくれるため、できる限り協力を求めましょう。いつの間にか、健常者のペースを求められるようになっていると言い出しにくいです。

発達障害が就職先で理解されない理由

「発達障害は就職先で理解されにくい」と言われるには理由があります。それは、理解されるまでの手順としてやるべきことが多いからです

各個人の問題を伝えることに始まり、企業の支援体制の確認や、フォローを受けるまでの手順が複雑になっていることに注意してください。

コミュニケーションを含む人間関係の構築が難しい

発達障害者には、コミュニケーションを苦手とする傾向があります。

特にアスペルガー症候群の方などは、思ったことを言ってしまったり、言葉をそのまま受け止めるなど人間関係で苦労するケースが多くなります。

これらの影響から対人関係が上手くいかないと、結果的に職場内の人間関係も悪くなりがち。人間関係があって支援やフォロー態勢が作られるので、この点で理解がないと孤立しがち。

障害と分かっていても、人間ですから感情的に対応されることもあります。意図せず攻撃的に言ってしまう人などは、事前に「どれだけ誤解されないように伝えられるか」が肝となります。

また、障害の特性上、他の人に仕事で頼ることも多くなる傾向も関係してきます。

助けてもらうと借りができるので、申し訳ない気持ちばかりが先行しがち。その結果、「仕事中にコミュニケーションを取っている場合ではない」と後ろめたいまま働く人がいる現実もあります。

特性を理解された上で、コミュニケーションも構築していくことが求められると言えます。

就職前に必要な特性の説明不足が起こりやすい

就職面接の場で、特性フォローに必要な説明ができない人もいます。厳密に言うと説明はできるのですが、「どこまで説明していいのか分からない」という問題を抱えているケースが該当します。

誰でも就職するために、「できるだけ企業に気に入られたい」という思いは出てきます。そういった中で、「○○は苦手」とか「○○は特性上できないことがある」とは言いにくくなりがち。

このような説明をした上で採用されればいいのですが、採用されるためにあえて軽めに症状を伝える人も少なくありません。そして説明不足のまま、採用されてしまう問題もあります。

就職前に伝えていないので、当然ながら職場では特性を理解しないまま仕事を振ってきます。このような問題を避けるには、上手く職場に説明しなければいけないのですが・・。

説明すべきところで、しっかり説明をしなければ、せっかく就職できてもしんどい思いをすることになります。

自分で伝えられない人ほど、求人アドバイザーに頼るといった代役を頼むことを考えましょう。

関連記事
障害者枠での面接
障害者枠での就職面接で失敗しないコツを総まとめ|求人アドバイザー対策が必須の理由

発達障害者の就職面接には落とし穴がある! ちょっと脅すような言い方ですが、面接対策を行っていない人は失敗を繰り返す現状があります。 そもそも障害者枠を利用される方は、以下のメリットを考えていますよね。 ...

続きを見る

企業側の支援体制が整っていない

こちらが事前に特性や必要なフォローを伝えていても、企業側が対応できないこともあります。支援体制に問題があるのですが、障害者求人を出しているだけで終わっているのところなどは該当します。

なぜこのようなことが起こるのかと言うと、企業は一定の人数を雇用している場合、障害者も採用しなければならない法律があるからです。

厚生労働省が定めている法律のため、無視ができないから採用している企業も存在します

雇用人数も多くしっかりした企業に見えても、従業員が障害者に理解を示しているとは言い切れない状態なので注意が必要です。

特に発達障害者になると、健常者として採用されている他の人材と見た目は変わらないため誤解を招きやすくなります。

企業側の支援体制が整っているかどうかは、事前にチェックして少しでもミスマッチを避けられるようにすべきです。

発達障害が理解されトラブル回避のために必要なこと

ここまでは、発達障害者が理解されにくい理由をまとめてきましたが、トラブル対策をしておけば問題ありません。

そのために必要なのは、就職前にどれだけ企業と交渉をするかです

事前に企業と話し合っておけば、トラブルが起こらないことはもちろん、微妙な会社も見抜けるようになります。

面接対策を受け特性を具体的に伝えられるようにする

面接対策は必須事項になります。発達障害の理解には、面接の段階でどれだけ企業と意思疎通が図れるかが重要だからです。対策して伝えられる範囲なら、できる限り伝えてしまうべきです。

その際には、具体的にどういった理解が必要なのかを説明できなければいけません。面接対策の必要な理由はここで、流れ作業のように終えてしまわないように注意しましょう。

伝えておきたい内容や、聞いておくべき例として

  • 努力しても難しい仕事や、助けを求めたい支援の内容
  • こちらの特性を、どれくらい職場内で理解してもらえるのか

などがあります。面接対策ができていれば、伝えそこなってあやふやに終わることも避けられます。具体的に就職後をイメージし、何をどう企業に訴えるのかが重要です。

志望動機を明確にし特性があっても頑張る意欲を伝える

発達障害者は、見た目で健常者に思われがちです。そのため、企業側も分かりにくい障害に対しては、どうしても警戒心を持ってしまいます。

その際に、「採用してもいいけど、特性が分かりにくい人を採用するのはリスク」と思われては当事者としても不本意です。

そこで重要になるのは、志望動機です。志望動機が明確で、頑張る意欲が伝わると企業も見る目が変わります。

採用後の心配をさせるのではなく、「そこまで言うなら、雇ってみようかな」という、前向きな気持ちで見てもらう方向に仕向けるのです

やる気があって頑張ろうとしている人材がいるなら、企業側も理解を示してくれますし、しっかり育ててみたいと考えた採用を行ってくれます。

「障害者枠でとりあえず採用されたい」という考えは捨て、企業に対して伝えられる志望動機を用意しましょう。

求人アドバイザーを頼り理解促進へサポートしてもらう

理解促進の手段として、求人アドバイザーを頼ることは効果的です。一人で就職活動をしていると、どうしても分からないことが出てきたり、伝えにくい問題が出てきます。

企業から理解されるには、このような問題をクリアにしていき、明確に伝えて行くことが必要不可欠。就職後よりも就職前にいかに対策できるかが、理解に繋がる準備と言えます。

そこで必要な準備は、求人アドバイザーという専門家に委ねることが、就職後のトラブル回避に大いに役立ちます。

求人アドバイザーは第三者として間に入ってくれるため、発達障害の当事者に足りない就活対策をサポートしてくれます。困ったことは任せるという姿勢で問題ないと言えます。

結果が出ない就活を行っている方ほど、求人アドバイザーの助けを借りると、すんなりと就職が決まるということにも繋がります。

一人就活で行き詰っているなら、求人アドバイザーと共に理解を求めるよう進めるといいでしょう。

発達障害に理解のある就職先探しは求人アドバイザーを活用しよう

特性を理解されてこそ働きやすい環境が手に入るのですが、具体的に「発達障害に理解のある就職先」はどうやって見つければいいのか?という疑問が浮かびますよね

理解される求人案件は一人だと見つけにくいのですが、そんな時は求人アドバイザーと共に探すのが有効です。どうして求人アドバイザーと探すといいのか解説していきます。

関連記事
【発達障害が職場で理解されない!】トラブル回避の方法と働きやすい職場の探し方

「障害者枠で就職したのに、発達障害の特性を理解してもらえない・・」 障害を理解してもらいやすい障害者枠であっても、発達障害に関してはトラブルが絶えません。障害への理解を求めて入社したのに、実態は全く別 ...

続きを見る

採用後の定着率を知ることができる

障害への理解がある企業かどうかは、採用後の職場定着率を知れば判断材料になります。すぐに辞めている人が多いと、「障害に理解がないため離職されているのかも・・」と考えられます。

この点で、求人アドバイザーを通せると、過去に紹介した人材データから、定着率を聞くことが可能です。

一人で面接に行ってしまうと、過去の人材の話など聞くことは難しくなります。面接で聞けると思っていても、まともな回答として得られるかは疑問が残ります。

求人アドバイザーを通せば要望を伝える際にも、「なるべく人が辞めていないところが良い」と言えるため安心できます

仮に離職率が高かったとしても、その原因が当事者の体調不良など原因がハッキリ聞けるのもメリットです。

求人アドバイザーの持っている情報は貴重なので、採用後の定着率くらいはいつでも確認する習慣を付けましょう。

配慮の具体案を説明できる企業を教えてもらえる

企業の採用担当者と、求人アドバイザーは取引上の関係があるため、細かな支援体制の話を進めています。

求職している当事者からはもちろん、企業からもヒアリングを行うため、どういった配慮を行えるかなどは具体的に聞いてもらえます。

この具体案が明確な企業ほど、障害者枠での採用が安定している証拠。当事者が一人で質問するよりは、求人アドバイザーから聞いてしまった方がスムーズになります

一人だと「面接の場で聞けばいい」と考えがちですが、面接は時間が限られており、具体的な支援案があったとしても全部話してもらえるとは限りません。

当事者も緊張をしているため、後になって「聞き忘れた」というミスも起こりやすいです。アドバイザーを通して聞いておき、できる限りの事前準備をすることが特性理解にも繋がります。

求めにくい配慮はアドバイザーに伝えてもらえる

特性理解を求めるためには、当事者が困っていることを具体的に伝える必要があります。ただし、配慮を求めるには言い方や伝え方といった工夫が必要です。

せっかく障害者枠で働くなら、こちらの要望や配慮は求めるべきなのですが・・。お願いするというのは、求職者側から言いにくい面があるため簡単なようで難しいです。

企業側の気持ちも考えながら、かつ具体的に求めたい配慮を説明する難しい作業。その点において、求人アドバイザーに伝えてもらうのは効果があります。

求人アドバイザーは、話の要点をまとめ、必要な理解についてだけ伝えてくれます。当事者が直接伝えるケースと違い、事務的な確認として行っているため、変な伝わり方も起こりません

企業も確認として受け取るため、当事者から言われるよりは、ピンポイントで必要な情報がもらえて安心してくれます。

求めにくい内容ほど、求人アドバイザーに伝えてもらうよう考えることも必要です。

 

\日本最大の発達障害者枠求人情報/

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

※障がい者枠での転職を支援するスタッフがあなたをサポートし、最適な転職先をフォローしてくれます。

 

発達障害に理解のある求人サイトの特徴

発達障害者は、特性への理解を求められる求人サービスを見つける必要があります。ただし「障害者枠だから選んだ」では、言い方は悪いですがハズレ求人を掴まされがち。

しっかり理解されながら働ける求人サービスには、一定の特徴があります。ここでは、発達障害に理解のある求人サイトの特徴を解説していきます。

その中でも障害者専門のdodaチャレンジは、理解ある求人サイトの特徴があるので説明させて頂きます。

特性についてヒアリングをした上で求人紹介できる

特性についてしっかりヒアリングできる求人サイトであることは、発達障害の理解に欠かせないサービス条件です。

dodaチャレンジはこの点がしっかりしていて、まずは当事者から話を聞いた上で求人紹介をしてくれます。

ヒアリングから求人紹介するのは、ミスマッチを防ぐ狙いもあります。当事者の声を拾える求人は絶対条件の1つになります

特性と相性のいい職場を紹介してくれるので、企業側の発達障害への理解については問題ありません。他にも要望や、条件がある場合は伝えてしまうと仕事を探してくれます。

「発達障害が理解されるか不安」という心配を抱えたまま応募するより、最初から理解される前提で話が進むことにメリットを感じられます。

発達障害者の採用をデータで明示している

dodaチャレンジは多様な障害者の方に向けて求人を扱っています。その中で、障害や病名をデータとして明示しており、発達障害者の採用も行っていることが分かります

発達障害者を採用しているかは大きな情報の1つで、障害者求人によっては何の障害で採用しているのかという実態が見えないところも存在します。

その点でdodaチャレンジは明確に分かりやすさがあります。

うつ病の方も採用されているデータがあるのですが、発達障害からの二次障害でうつを抱えている方も多いため、メンタル面のバックアップも期待できると言えます。

過去に採用された方を通して、発達障害者への理解や支援、フォロー態勢が作られて行くため、心強い情報とも言えます。

豊富な求人情報があるため仕事が選びやすい

発達障害者は、特性によって向き不向きの仕事が異なるため、偏りのある求人で仕事を探すことをおすすめできません。

その点で、dodaチャレンジは求人数が豊富で安心できます。特性に合わせた仕事や職場を選ぶことは、理解されることに直結する重要事項です。

常時1000件以上の求人という、障害者求人では最大級の情報がdodaチャレンジには存在します

「障害者求人を見たけど、求人数が思ったより少なかった・・」という経験のある方ほど、利用されてみる価値があります。

登録しておけば非公開求人を見せてもらえるため、情報取得するためでも問題なく使えます。色んな業種を参考にしながら、理解される職場に行きたい方は登録されてみるといいでしょう。

正社員登用を中心としているため、理解はもちろん、安定した生活を求められる点でも信用できる求人サイトです。

 

\日本最大の発達障害者枠求人情報/

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

※障がい者枠での転職を支援するスタッフがあなたをサポートし、最適な転職先をフォローしてくれます。

 

まとめ

発達障害の特性を理解してもらうには、求人アドバイザーを通して障害に配慮してもらいやすい環境を見つける必要があります。

そのためにも、一人で仕事を探すことで生じるデメリットを把握し、問題と対策のために求人アドバイザーを通して企業と交渉すると理解は進みます。

  • 障害者枠で働いても、しっかり理解された経験がない
  • 理解されるための特性や要望を、企業に上手く伝えられない

こういった状況で悩まれている方は、まずは理解される就職活動を行う必要があります。障害や特性を理解されていないのは、当事者自身の就職活動にも問題があると言えます。

その点、dodaチャレンジであれば理解されにくい問題点をクリアにしてくれるプロフェッショナルが在籍しています

理解された上で、職場で安心して働ける環境をお探しの方は、まずはdodaチャレンジで求人アドバイザーに相談してみましょう。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-発達障害でも正社員になりたい

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.