発達障害でも正社員になりたい

障害者枠での就職面接で失敗しないコツを総まとめ|求人アドバイザー対策が必須の理由

更新日:

障害者枠での面接

発達障害者の就職面接には落とし穴がある!

ちょっと脅すような言い方ですが、面接対策を行っていない人は失敗を繰り返す現状があります。

そもそも障害者枠を利用される方は、以下のメリットを考えていますよね。

  • 障害への理解や配慮を受けられる
  • 障害を把握した上で採用してもらいやすい

こう考え「障害者枠なら採用されそう」と期待しがち。しかし、同じ障害者枠でも、発達障害については事情が変わります。

なぜなら、「発達障害者は面接を通して特性を分かりやすく説明し、理解してもらう必要があるから」です。身体障害といった見た目で分かる障害との違いがネックとも言えます。

実際に、「特性や企業に求める要望が上手く説明できない」、もしくは現時点で「上手く伝えられず面接で不採用が続いている」という方は思い当たる節がありませんか?

でも安心してください。

あらかじめ気をつけておきたい注意点や傾向を理解しておけば、発達障害の方でもかなり有利に面接が行え、その結果、高い確率で採用が決まると言われています。

そこで、この記事では、発達障害の方が注意しておきたい面接時の注意点や障害専門の求人アドバイザーの活用法などを具体的に解説していきます。

希望の職場に就職するために、ぜひご覧ください。

こちらの記事も読まれています。

発達障害者が平均給料の高い仕事に就く方法【年収200万円の壁と対策】

障害者枠で働きたいけど給料が少なすぎる・・・ 障害者雇用じゃあ生活できない・・・ 発達障害の方の中には、今の給料や収入について不満を持ちながら仕事をしている方も多いようです。 管理人ただ、残念ですが、 ...

続きを見る

障害者枠の面接で質問されやすい内容と注意点

ここでは、発達障害者が障害者枠での面接において、どのような質問を受けるかをチェックしてみます。

発達障害の特性がある方には、必ずと言っていいほど質問される内容を厳選しています。同時に質問への回答には、注意すべき点があるため確認してください。

関連記事
発達障害者は障害者枠か一般枠のどちらで働くべき?【迷ったら障害者枠の理由】

障害者枠と一般枠のどちらで就職した方がいいのだろう・・ 障害者枠と一般枠を比べていると、どちらを選んでも一長一短なため悩んでしまいがちです。特にグレーゾーン障害にある発達障害者の方ほど、選べずに困って ...

続きを見る

障害の特性についての説明

発達障害の特性は複雑なため、当事者によって症例が異なります。そのため、応募した企業が事前に知っていとしても「どういった障害ですか?」と質問してきます。

そのまま特性が伝わるといいのですが、言い方や説明語句によっては理解されないことがあります。

起こりがちなミスとして、自分は理解しているけど、相手には伝わらない専門用語で説明すること。

例えば「広汎性発達障害(PDD)」や「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」など、当事者たちの間で認知された専門用語で症状を言っても、理解できない採用担当者も存在します

当事者たちは障害や特性に困っているため、「障害者枠の担当者なら知っているだろう」と考えがちです。

重要なのは、専門用語で答えることではなく、何も知らない人に分かりやすく伝えることです。個々によって変わる特性を持つ発達障害者は、この説明で失敗していることが多々あります。

その点において専門アドバイザーは頼れます。事前の面接練習や、必要であれば症状を伝えてもらうなど面接対策の幅を広げられる強みとなります。

仕事への不安や心配、配慮して欲しい点について

仕事に取り組むために必要なことは伝える必要があります。発達障害の特性上の問題により不安や心配は出てきますが、フォローして欲しい問題は伝えましょう。

ただし注意点があります。発達障害の特性を「言い訳じゃないか?」「甘えではないか?」と受け取られる問題です。

グレーゾーン障害と呼ばれることも多く、発達障害は可視化が難しいためこのような受け止められたかはよくあります。

そのため、仕事に対する不安や心配を伝えただけで、あらぬ誤解を受けてしまうことも考えておくべきです。面接官もすべての障害について、専門的に詳しいとは限りません。

誤解を受けないためにも、自分の言葉で分かりやすく伝えられる人が有利になります。

その点で、専門アドバイザーと面接練習をしておけば問題は軽減されます。客観的な視点により、当事者の説明には足りない部分を補ってくれるため、適切な伝え方を学べます。

現在の通院状況、医師から伝えられていること

通院されている場合は、事前に伝えられる範囲で説明しておいた方が無難です。

例えば病院通いをされている方だと、通院日には早退させてもらう必要性があるなど、会社側にお願いできるか確認する必要があります。

また就労にあたり、医師から注意されている点があるなら、事前に伝えておくと企業側にも訴えとして説得力のある説明ができます。個人的な意見より、専門家の意見が聞き入れられやすいのは言うまでもありません。

こういった問題についても、事前に専門アドバイザーと話をまとめておくと、面接の進行はスムーズになります。

通院している話などは、非常にプライベートな問題となるため、どこまで伝えるべきか悩む場合など話すべき範囲を決めておきましょう

企業・アドバイザー・医療機関が連携を取り、適切なサポートを受けられれば、安定した雇用に繋がります。

【ポイント】障害者枠での面接には対策が必要

このように、障害者枠での面接となると、一般枠とは違った説明を求められるケースがでてきます。一般枠であれば、多くの対策や就活ノウハウが世に出ていて何とかなるのですが・・。

同じ障害でも、発達障害になると説明する幅も広がって行くため、個々の対策がカギを握るようになります

対策については、専門家を頼ることが有利になる近道です。その中でも、障害者専門の求人アドバイザーが対策に強いので理由を述べて行きます。

障害者枠での面接対策には求人アドバイザーが強い理由3つ

発達障害の特性上、面接対策に求人アドバイザーは必要不可欠です。ここでは、求人アドバイザーとの対策における強みを説明します。

伝える際に必要なテクニックといった実例と合わせて活用されてくださいませ。

対策①障害の特性を分かりやすく伝えられる

障害の特性は、とにかく分かりやすさを重視して伝えることです。求人アドバイザーを通すことで、分かりやすさは段違いに変わります。

できること、できないことを事前情報として伝えてもらえる

まず、こちらからの障害を含む事前情報を企業サイドに伝えてもらえるメリットがあります。発達障害の特性上、できること・できないことは伝えなければいけません。

この特性問題について、面接の場でアドバイザー無しで直接伝えたとしましょう。

その際に、特性の具体例や分かりやすさを示しつつ、採用担当者に伝えるには負担が生まれます。例えば、できないことを、できないで終わらせない言い方は難しいです。

「○○が苦手でできないのですが、マニュアルを用意して指示してもらえると助かります」と言った、代案提示をする方法などがこれに該当します。

ただし面接の場では緊張もしますし、事前に面接練習を行っていても不安は残ります。本番で上手く言うのは簡単なようで難しいとも言えます。

その点で、事前に求人アドバイザーから企業に情報を伝えてもらえるなら便利です。

こちら側の特性を予備知識として面接官に知っておいてもらうと、面接中に話の内容がズレても意図する話は補完された状態で伝わります。

特性の問題で仕方がないとは言え「○○が苦手です」と、採用担当者に面と向かって言うのも厳しいですよね。このような、もどかしい場面を見越した対応とも言えます。

できること・できないことをハッキリ明示し、さらに求人アドバイザーに事前フォローを受ける。面接が苦手な方ほど、これらの重要性をご理解いただけるはずです。

説明の仕方や自分本位になり過ぎない言い回しを学べる

障害の特性を説明する際に、配慮して欲しい点だけを延々と述べるのはNGです。障害者枠は「障害があるから○○ができなくてもいい」といった免罪符に使うものではありません。

自分ができることを最大限やった上で、それでもできない部分をフォローしてもらうという感覚が必要です。

一般企業で正社員として働くにはこの視点が重要で、就労支援事業で働くこととは違う認識を持って挑むべきです。

障害者の福祉サービスに慣れていると、何かとフォローされることが当たり前になりがちですよね。勘違いしてしまうと、企業面接の場であるにも関わらず自分本位なことだけを言う人になります

いちばん怖いのは、そういった状態にあることに気づかないまま面接を繰り返してしまうこと。言い方ひとつで受け取られ方が変わるなど、面接ノウハウを知らない人ほど注意です。

「自分は大丈夫か分からない」と思うところがあれば、求人アドバイザーと面接練習をしておくといいでしょう。障害の特性や説明の言い回しも教えてもらえるため安心です。

関連記事
発達障害の転職
発達障害者が就職活動する前に知っておくべき注意点と正社員で働く方法

発達障害者は正社員で働くことが難しい! 障害者枠で求人を探しても、非正規雇用や給料が少ないなど諦めていませんか?確かに、一般の求人情報を見ても、納得いく条件の求人は本当に少ないのが現状です。 管理人し ...

続きを見る

回答例を応募企業ごとに伝えられるようになる

発達障害者の面接対策の難しいところですが、同じ特性を伝える場合でも、企業ごとに話す内容を変えないといけない時があります。

具体例として、「一つのことに集中してしまうと、没頭して止まらなくなる」という特性がある方がいます。

こういった場合は通常、「集中し過ぎて止まらないことがあるので、もし何かあれば声を掛けて頂くと助かります」と企業にフォローをお願いしたくなるところなんですね。

ですが、集中して没頭しなければいけないような仕事(例えば作業職)なら、逆に強みとして主張する手もあります。

言い換えて「集中すると没頭して止まらないほど作業ができます」と伝えられたら、企業側も特性をいい方向に捉えてくれます。

臨機応変に回答していくことが苦手な方も多いですが、発達障害は強みも弱みも扱い方次第です。応募予定の企業が求める方向に、特性の伝え方を工夫すれば問題ありません

もし伝え方の対策を一緒に練ってくれるアドバイザーの方が要れば、どんな弱みも上手い回答として変えてくれるので助かります。企業ごとに回答に悩むことから解放されますよ。

対策②面接官からの質問に対する回答準備ができる

面接で質問されるケースを想定して、回答を準備しておくことは重要です。一人では質問を想定できず、行き当たりばったりになりがちなので対策はしっかり行ってください。

模擬面接を行い練習してもらえる

一発勝負の面接は、とにかく緊張してしまいます。そのため、模擬練習をして必ず一度は面接のシチュエーションをイメージしておくべきです。

伝えなければいけない特性の話はもちろん、時には急に投げかけられる質問に対応できるか心配ですよね?

そこで面接対策の一つとして、求人アドバイザーに練習を頼む方法があります。

一般企業の面接なら、誰でもイメージが浮かぶので練習に付き合ってくれやすいのですが・・。障害者枠となると、専門的な事例になるため練習を手伝える人も稀な存在となります

面接が上手くいく人というのは、総じてこの模擬面接を行っています。一般求人でさえ、面接練習をする必要があるので、模擬面接を受けずに障害者枠に飛び込むのは大変です。

どうせ練習するなら、専門家に指導を受けた方が有意義です。求人アドバイザーに取っては面接練習も仕事の一つなので、気楽に模擬試験を頼むといいですよ。

事前に質問されやすい内容や傾向が聞ける

求人アドバイザーの仕事は、障害者の就職支援だけではありません。企業側の要望や、欲しい人材の手配を請け負うことも仕事です。

そのため、求職者が応募する段階で、企業が欲している人材を知っていたり、過去には他の人材を紹介しているケースもあります。

以前に紹介した人材を通して、質問された内容を把握しているというのは人材業界ではよくある話。こういった裏情報を、アドバイザーは握っているため頼らない手はありません。

受験に置き換えて言うなら、求人アドバイザーは、試験内容や傾向対策を知っている人物とも言えます

こう考えると、障害者枠とは言え、いかに一人で面接に向かうのが不利か理解できるはず。一人で上手くいかないと思っている方ほど、質問の内容と傾向を把握しましょう。

応募を決める際に「この企業はどういった質問をしてきますか?」と直接聞いてしまうと話は早いです。隠す話でもないので答えてもらえます。

面接のどの段階で躓いているかを確認できる

面接を受けて、そのまま採用されればいいのですが・・。場合によっては落ちてしまい、何が悪くて不採用になったのか分からないままモヤモヤしてしまいます。

その場合には、求人アドバイザーが活かすべき反省点を提示してくれます。もし面接でダメだったのであれば、どこで引っかかっているのか企業側に聞いてもらえます。

企業の採用担当者も、当事者には直接言えなくても、仲介している求人アドバイザーであれば正直に知らせています。

たとえば「質問への回答で○○の特性について説明が分かりづらく採用を見送った」と言われたら、そこを修正して次回に活かすことが可能です

一人で面接を受けると、こういった振り返りや反省ポイントが見過ごされます。回答対策だけでなく、修正にも取り組める体制があると躓くことも怖くなくなっていき自信に変わります。

せっかく頑張って就職活動をするなら、少しでもいい結果に結びつくように取り組むべきです。

対策③そもそも求人アドバイザーから推薦されると有利

求人アドバイザーの推薦を受けられると、紹介されたという「アドバンテージ」がもらえます。このアドバンテージも上手く活かして下さい。

一人で応募すると書類選考だけで判断されやすい

あまり良くない話ですが、面接は受けさせてもらえるけど、書類選考で事前に判断されて落ちるケースも存在します。当事者にしてみれば書類だけで、障害を判断されたくはありません

「面接対策をしっかり行い、採用面接に行ったのに・・あまり障害の話にも触れられず、後日不採用の通知が出る」という経験はできるだけしたくないはず。いわゆる形だけの面接ですね。

これは企業が悪いのですが、書類だけで判断する企業がいるのも事実です。一人で応募していると、これらの問題を避けるのは難しいところがあります。

その点で、求人アドバイザーを頼れば、このような問題は起こりません。

アドバイザーから企業担当者に「発達障害で○○な特性の方がいるのですが・・」と相談を入れてくれます。

こういった段取りを踏まえ書類を見せておくと、求職者の印象も良くなります。

なぜなら人を介して説明してもらうのと、書類だけでチェックされるのでは雲泥の差が生まれるからです。アドバイザーとタッグを組むだけで、一人で応募するデメリット解消となります。

「アドバイザーからの推薦」が最初から手に出来る

企業の採用担当者と、求人アドバイザーの関係は親密です。障害者の求人を掲載するだけなら、ただの担当者同士という関係で終わりがちですが・・。

求人アドバイザーは、適切な人材を適切な企業にマッチングさせる責任を負っています。もし場違いな人材を送り込んで、トラブルがあるようなら・・アドバイザーとしての信頼は失墜します。

このような責任あるアドバイザーからの推薦となれば、信頼を最初から手にした状態で面接に挑むことに他なりません。

知らない人がいきなり応募してくるのと、信頼しているアドバイザーから紹介された人材なら、どちらが採用したくなるかという話です

求人アドバイザーも、サイトに登録してやる気になっている人材は見捨てません。やる気がある、これから働こうとしている姿勢を評価し推薦してくれます。

捉えようによっては、求人アドバイザーを通すことがコネ獲得になるので、頼れる人がいない方ほど役立つことになります。

企業サイドも相談できる相手(求人アドバイザー)がいれば安心

障害者求人でアドバイザーを頼ると、就労後に困ったことがあってもサポートを受けられます。契約上の問題や人間関係を含め、トラブルが起これば相談できるに越したことはありません。

しかし、これは求職者だけでなく、企業側も心配している点に注意すべきです。例えば、過去に採用したことがない前例の特性を持った方が面接に来たとして、対応できるか不安が企業側にあったとします。

仮に一人で企業に面接に来ていたら、どういった過去があるのかや、障害の程度などの把握に苦労します。こういった不安から、採用したくても避けてしまう企業も存在します。

そこで役立つのが求人アドバイザーです。仮に採用してトラブルが起こっても、企業側も障害に詳しいプロのアドバイザーに相談が可能となります。

こういった第三者を挟むことで、出会ったばかりの企業と求職者のマッチングが安心できる取引に変わっていきます。

相談できる相手が欲しいのは、求職者も企業も一緒だと思うと、アドバイザーの存在がいかに安心を担保しているかお分かり頂けるはずです

【参考】障害者枠の面接対策にオススメの転職支援サイト

障害者枠の面接対策については、求人アドバイザーが必須とお伝えしてきました。ただし、転職支援サイトは多岐に渡るため選ぶことに苦労されるかと思います。

そこで、障害者枠、とりわけ発達障害の方におすすめの求人サイトして「dodaチャレンジ」をご紹介させて頂きます。どういった特徴を見て選んでいるのか解説しているので、参考としてチェックして下さい。

 

\日本最大の発達障害者枠求人情報/

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

※障がい者枠での転職を支援するスタッフがあなたをサポートし、最適な転職先をフォローしてくれます。

 

面接に向けた対策を行っている

dodaチャレンジは、採用されるための肝となる「面接対策」を、転職支援の一環で行っています。もちろん面接対策に必要な、書類添削等もセットで請け負っています。

自分一人で採用面接に行き、問題なく採用される自信のある方には不要ですが・・。少しでも不安があるなら、一度でも面接対策しておけば今後も役立ちます。

求人だけを紹介されて、「後はお好きなように」というシステムでは無いため、責任をもってしっかり就職までコミットしてくれます。

特に「企業に合わせた面接対策」がdodaチャレンジの売りで、今回書かせて頂いたような企業によって対応していく難しい局面を完全フォローしてくれます。

「どうせ面接に向かうなら、対策手段を身につけ堂々と挑みたい」という方には向いています

障害者専門のキャリアアドバイザーが在籍している

障害者専門の就職支援サイトのため、キャリアアドバイザーもプロしかいません。形として用意された窓口相談員とは違い、障害に対する知識を有し勉強されたアドバイザーです。

「障害者枠の相談に行ってみたけど・・担当者が勉強不足でげんなりした」など、無駄足を運ばされた経験はありませんか?

このようなミスマッチが防げることはメリットです。

相談というと、少し敷居を感じてしまいがちですが・・。dodaチャレンジは、キャリアアドバイザーの方が公式サイトで顔つきでプロフィールを出しています。

どういう人が出てくるか分からない不安を抱えるより、はっきりと顔が表に出ているからこそ信頼できます。

過去には別の仕事をされていたアドバイザーも多く、障害への知識的な配慮はもちろん、仕事探しへの不安という根本的な気持ちの問題にも寄り添ってもらえる強みがあります。

相談者の都合に合わせた求人紹介を行っている

「面接対策しても、上手くいかないことがあるのでは?」と心配される方もいます。こういった方には、都合に合わせて求人紹介をしてもらえます。

たとえば、アドバイザーの元で疑似面接を行ってみたけれど、予想より難しくてなかなか上達しなかったとします。

普通なら「このままだと、面接はどうにもならない・・諦めるしかないかな・・」と絶望しそうですよね。

しかし、面接が苦手であれば、苦手なりに採用してくれやすい求人を教えてくれます。dodaチャレンジは豊富な求人を扱っているため、面接に重きを置かない企業とも取引があります。

dodaチャレンジの特徴として、まず相談に乗って個々の悩みを一つずつ解決していく姿勢があります。面接が苦手という悩みも、必ずクリアできる解決案を出してくれます。

これには「誰でも面接くらいはできるだろう」といった決めつけスタイルが無いからこそできる取り組みです。面接が苦手なら、その状況に応じたフォローを受けるべきと言えます。

そのため「面接には自信が無い」という方でも、相談から始めてみると打開策は見つかるはずです。

 

\日本最大の発達障害者枠求人情報/

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

※障がい者枠での転職を支援するスタッフがあなたをサポートし、最適な転職先をフォローしてくれます。

 

まとめ

障害者枠の面接対策は、一人で進めると壁にぶち当たりがちです。特に発達障害の方は、障害の程度で考えると、就職活動は一人で行えるため行き詰りがち。

「採用」という結果が出ていればいいのですが、失敗を繰り返して立ち往生していませんか?

  • 面接では好感触に終わるも、なぜか不採用になる
  • しっかりと面接対策をしたつもりだけど、誰かに相談したことは無い

このような状況だと、何が原因で落ちるのか気づくのは難しくなります。そういった際に、失敗を減らす意味でも求人アドバイザーを頼られると気づきを得るきっかけになります

なかなか障害者枠に特化したサポートが少ない現実はありますが、dodaチャレンジであればお困りの状況解決の手助けをしてくれます。

「面接対策はさっさと終わらせて、早く就職したい」と思っている方ほど、まずは行動に移されてみて下さい。努力した分だけ、必ず結果として現れます。

dodaチャレンジの無料登録はこちら

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-発達障害でも正社員になりたい

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.