マイルが貯まるクレカが欲しい

スカイトラベラーとANAアメックスはどっちがお得?違いを徹底比較

更新日:

マイルが貯まりやすいクレジットカードといえば、スカイトラベラーカードが有名ですが、同じぐらいANAアメックスカードも有名ですね。

特に航空会社ANA向けのサービスが充実しており、ANAのマイレージを貯めやすいのが大きな特徴です。ANAアメックスカードも、スカイトラベラーなどに負けず劣らずの優れたマイル系クレジットカードです。

 

さて、ここで多くの方が抱える疑問。

結局、どっちがお得なの?

 

この疑問の答えを探るべく、スカイトラベラーカードとANAアメックスカードをさまざまな面から比較してみました。

すると、一概には言えないのですが、「どっちがお得」と言う答えが出てきました。

もちろん、最適なカードはニーズによって異なりますので、おすすめのカードはそれらのニーズ別で紹介する必要があります。

 

この記事では、そんな両者の比較を行なった内容について、できるだけ分かりやすく解説しています。

記事を読み終わるころには、2つのカードの違いがはっきりと分かります。

スカイトラベラーとANAアメックスの比較表

まずは両者のカードのおおまかな違いを比較しましょう。下記の比較表をご覧ください。

  スカイトラベラーカード ANAアメックス
年会費 10,000円(税抜き) 7,000円(税抜き)
参加登録費(年間) 5,000円(税抜き) 6,000円(税抜き)
合計 15,000円(税抜き) 13,000円(税抜き)
家族カード年会費 5,000円(税抜き) 2,500円(税抜き)
ポイント還元率 100円→1ポイント 100円→1ポイント
ポイントアップボーナス 3%(提携航空会社) 1.5%(ANAのみ)
入会ポイント 3,000ポイント 1,000ポイント
ファーストトラベル・ボーナスポイント 5,000ポイント
継続利用ポイント 1,000ポイント
ポイント交換の上限 80,000ポイント 無制限
ポイント有効期限 無期限 最長3年(ポイント移行コースに加入した場合は無期限)
不正プロテクション 付帯 付帯
ショッピングプロテクション 付帯 付帯
オンラインプロテクション 付帯 付帯
海外旅行傷害保険 付帯 付帯
国内旅行傷害保険 付帯 付帯
航空便遅延費用補償 付帯
どんな人におすすめ 右記以外の方 航空機はANAを利用する方
公式サイト

 

参加登録費とは

参加登録費とは、メンバーシップ・リワードへの登録費のことで、簡単に言うと、「カード利用で得たポイントをマイルに交換するためのサービスを受けるための年間手数料」です。

アメックスカードを利用して貯まったポイントをANAマイルに移行するには、メンバーシップ・リワードに登録する必要があります。

 

2つのカードを見比べてみると、スカイトラベラーカードの方が年会費が高い代わりに、ポイントアップボーナスやボーナスポイントが多く獲得できることがわかります。

 

したがって、航空会社を利用する機会が多いなら、ポイントアップボーナスの多いスカイトラベラーカードを使った方がお得です。

一方で航空会社はANAを利用する機会が多く、かつ年会費を安く抑えたいなら、ANAアメックスカードを使うといいでしょう。

では2つのカードの比較が終わったところで、それぞれのカードの特徴を詳しく解説します。

スカイトラベラーの特徴

まずはスカイトラベラーカードの特徴から見てきます。

特に大きな特徴は、ポイントアップボーナス3倍、そしてポイントの有効期限が無期限であることです。

【ポイント還元率が業界最大クラス】対象サービス利用でポイント3倍

スカイトラベラーカードは対象の航空会社もしくは旅行代理店のサービスを利用することで、得られるポイントが3倍になります。還元率3倍はとても旨みがありますね。

他のマイレージカードでは、この高還元率は存在しません。

旅行の頻度が高い人は、スカイトラベラーカードをうまく活用することで、ポイントを効率よく貯めることができます。

ただし、スカイトラベラーカードのポイントボーナスで獲得できるポイントは6万ポイントまでです。

つまりカード利用額が200万円を超えると、ポイント3倍ボーナスは受けられなくなるのでご注意ください。

マイル交換レートについて

スカイトラベラーカードで貯めたポイントをマイルに交換する方法は、13社ある提携する航空パートナーのマイレージプログラムを利用して交換することになります。

つまり、ほとんどの航空会社の航空チケットと交換できる仕組みなので、

「飛行機にはよく乗るけど、航空会社は毎回バラバラ」

という方には、とても便利なカードですね。

ただし、JALは提携していませんので、JALを頻繁に利用する方にはおすすめできません。

 

なお、ANAのマイレージ交換手数料は、年間5,000円(税別)が必要なのですが、これはどうしても必要な負担です。

 

提携している航空会社

  • アリタリア-イタリア航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • ANA(全日空)
  • エティハド航空
  • キャセイパシフィック航空
  • シンガポール航空
  • スカンジナビア航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • 中国南方航空
  • タイ国際航空

 

ポイントの有効期限が無期限

スカイトラベラーカードのもう一つの大きな特徴は、ポイントの有効期限が無期限であることです。

そのためポイントの期限切れを気にせず、自分のペースでゆっくりとポイントを貯められます。ポイントの有効期限を先延ばしするために、余計な出費を無理にする必要もないので、金銭的なストレスも少ないです。

せっかく頑張って貯めたポイントがなくなってしまうのは、もったいないですよね。そうならないよう、ポイントの有効期限がないカードを発行するのは良い選択肢です。

旅行傷害保険・プロテクションも充実

スカイトラベラーカードは、旅行用の傷害保険も充実しています。海外旅行で必要な傷害保険はほぼそろっているので、旅行先でのケガや病気、トラブルなどが発生しても安心です。

さらにスカイトラベラーカードなら、クレジットカードのプロテクションも完璧です。カード不正利用されても、損害額を補償してもらえますし、カードを盗まれてもすぐに新しいものを再発行してもらえます。

以上がスカイトラベラーカードの主な特徴です。

スカイトラベラーカード

 

こちらの記事も読まれています

【検証】スカイトラベラーカードの保険・サービス・プロテクションのメリット・デメリット

海外旅行をしていると、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。例えば、旅行先で病気になって高額な治療費を請求されたり、他人の物を壊してしまって損害賠償を請求されたりする場合ですね。 こうした金銭的 ...

続きを見る

ANAアメックスカードの特徴

ここからはANAアメックスカードの特徴について解説します。

ポイント移行コースに登録すると、ポイントが無期限

スカイトラベラーカードと同様に、ANAアメックスカードもポイントの有効期限が無期限です。ポイントの有効期限を気にせず、ゆっくりとポイントを貯められるのは大きなメリットですよね。これで有効期限切れによるポイントの無効を心配せずに済みます。

ただしポイントの有効期限を無期限にするには、ポイント移行コースに登録する必要があります。このコースの登録料が年間6,000円と高いのが大きなデメリットです。

それとEdy、モバイルSuica、SMART ICOCAによる電子マネーチャージではポイントが付与されないのでご注意ください。

ANAサービス利用でポイントが1.5倍

また、ANAアメックスカードにもポイントアップボーナスは存在します。ANAグループでカードを利用することで、得られるポイントが1.5倍になります。

ポイントを得られる条件は、ANAグループで航空券を購入した場合、旅行商品を購入した場合、もしくは機内でカード利用にて商品を購入した場合です。

ANAカードマイルプラス加盟店でのご利用で、100円につき1マイル獲得

さらにANAカードマイルプラス提携店でカードを利用することで、通常で得られる100円1ポイントに加えて、カード利用100円につき1マイルを獲得できます。

したがって旅行や出張でANAの航空便をよく利用する人なら、ANAアメックスカードで効率よくポイントを貯められます。

ANAの航空便をよく利用する機会があるなら、ANAアメックスカードを使ってみてはいかがでしょうか。

以上がANAアメックスカードの主な特徴です。

ANA AMEXカード

 

次の項目からは、2枚のカードがどんな人におすすめなのかを解説します。

スカイトラベラーはこんな人におすすめ

ではスカイトラベラーカードは、どんな人が持つべきなのでしょうか?

ポイントの管理が苦手な人

まずスカイトラベラーカードの大きな利点は、ポイントの有効期限が存在しないことです。

したがってポイントをゆっくり自分のペースで貯めたいのなら、スカイトラベラーカードを選んだ方がいいです。そうすればポイントの有効期限切れを心配して、期限を延長するために余計な出費をすることもなくなります。

海外の航空会社を利用する人

スカイトラベラーカードのもう一つの大きな特徴は、貯まったポイントを航空会社15社のマイレージに交換できることです。

ポイントの交換先がこれだけたくさんあれば、ポイントの使い道に困ることはなさそうですね。特に海外の航空会社に対応している所が多いため、海外旅行を頻繁にする人に最適です。

ただし注意点として、スカイトラベラーカードのポイントはJALのマイレージには交換することができません。

またANAのマイレージと交換する場合は、参加登録費として年間5,000円(税抜き)を支払わないといけません。よって、スカイトラベラーカードは、国内便をよく利用する人にはおすすめできません。

出張でよく飛行機を利用する人

またスカイトラベラーカードには、ポイントアップボーナス3倍があります。ポイントアップの条件は、カードで航空券や旅行商品を購入することです。つまり旅行や出張の回数が多いほど、ポイントボーナスの恩恵をたくさん受けられるわけですね。

そのため旅行や出張の頻度が多いサラリーマンには、スカイトラベラーカードが良い選択肢です。

スカイトラベラーで年会費の元を取るにはどれぐらい利用すべき?

スカイトラベラーカードの年会費は1万円と少し高額です。年会費の元を取るには、旅行や出張の回数を増やして、ポイントをたくさんゲットする必要があります。

では具体的にどれぐらいポイント獲得すれば、年会費の元を取れるのでしょうか?

具体例をあげて少し計算してみましょう。

スカイトラベラーカードの年会費で元を取るには、継続利用ポイント1,000ポイントを除いて、9000ポイントを獲得する必要があります。ただ普通にクレジットカードを利用していると、9000ポイント獲得するには、90万円のカード利用をしないといけません。

しかしスカイトラベラーカードにはポイントアップボーナスの3倍があります。航空券や旅行商品の購入であれば、30万円のカード利用で9,000ポイントを獲得できます。

したがって、スカイトラベラーカードの年会費で元を取るには、旅費が30万円を超えていればOKということになります。

スカイトラベラーカード

 

ANAアメックスはこんな人におすすめ

ここからはANAアメックスカードがどんな人に適しているかを詳しくお話しします。

ANAをよく利用する人

ANAアメックスカードにもポイントボーナスがあります。

ただしポイントアップボーナスを受けるための条件は、ANAグループで航空券や旅行商品を購入することです。

よってANAアメックスカードは、旅行や出張でANAの航空会社をよく利用する人に適しています。

ANAアメックスで元を取るには?

ANAアメックスカードの年会費も7,000円と少し高いです。そこで年会費の元を取るためには、どれぐらいカードを利用すればいいのかを計算してみます。

ANAアメックスカードの年会費は7,000円ですが、継続利用の1,000ポイントを除外すると、実質的には6,000円です。つまり年会費の元を取るには、6,000ポイント獲得すればいいわけですね。

普通に利用するだけでは60万円のカード利用が必要になります。しかし1.5倍のポイントアップボーナスを活用すれば、40万円の出費で事足ります。

つまりANAアメックスカードの年会費で元を取るには、旅費で40万円のカード利用をする必要があるわけです。

ANA AMEXカード

注意点:マイル交換には「ポイント移行コース」への登録が必要

ただしANAアメックスカードを利用する上で注意すべきことが1つあります。

それはポイントとマイルの交換には、ポイント移行コースへの登録が必要だということです。コース登録をしないと、マイルに変換することができないのです。

しかもポイント移行コースの年会費は6,000円と高額です。そのため、あまり飛行機に乗らない人はANAアメックスカードで年会費に元を取るのが難しいです。

まとめ:スカイトラベラーの方がお得!

以上のことから、2つのカードを比べるとスカイトラベラーカードのほうがお得であることが結論づけられます。

スカイトラベラーカードがANAアメックスカードより優れているのは以下の点です。

  • ポイントアップボーナス3倍(ANAアメックスは1.5倍)
  • 無条件でポイントの有効期限が無期限(ANAアメックスは年間6000円かかる)

したがって、旅行や出張の機会が多く、かつマイルを効率的に貯めたいのであれば、スカイトラベラーカードを選んだ方がお得です。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。


この記事が少しでも参考になれば、シェアしていただけると嬉しいです。

-マイルが貯まるクレカが欲しい

Copyright© OneStep , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.